ベビー服・子供服の通販【チルドレン通信】/出産前の準備はこれで安心!初産ママの必須アイテム!
---- MENU ----

出産前の準備はこれで安心!初産ママの必須アイテム!

新生児

出産がもうすぐだけど、何が必要でどんなアイテムがあるのか分からない!なんてことはないですか?
新しく家族になる赤ちゃんのために、色々準備をしておきたいですよね。
でもベビー用品はどんなものがあるのか、何が必要で何を準備すればいいのか分からない事も多いでしょう。

分からない事だらけで、準備も進まず不安になってストレスが溜る事もあります。
ただでさえホルモンバランスが不安定で、精神的にも不安定になっています。
ストレスはママにも赤ちゃんにも良くありません。
分からない事は分かるように説明します♪
準備も多少遅れてもネット通販があるから大丈夫!
ど~~んと構えて、楽しいマタニティライフ&ママライフを過ごしちゃいましょう!

ここではベビー服の種類・用途・使用時期のご紹介や、出産前に準備しておきたいものを分かりやすくリストにしました。
途中、店長の体験談が紛れ込んでいたりしますが、是非ご参考にして頂き、安心して出産を迎えて下さいね。

新生児肌着の種類

◆短肌着

短肌着は新生児肌着のメイン肌着です。
寒い日には短肌着の上に長肌着を重ねて着せると便利です。
通気性・吸汗性に優れた綿100%で、縫い目は外側になっており赤ちゃんのお肌にもやさしい作りです。
前を合わせて紐で結ぶ形が多く、お着替えも手早く簡単にできます。
出産準備には3枚から5枚程度揃えておくと安心です。

◆長肌着

短肌着より裾が長い肌着で、基本短肌着と同じ作りです。
寒い日の重ね着用が主ですが、春や秋の気温の良い季節には長肌着一枚でもいいですね。

◆コンビ肌着

長肌着のように裾は長くなっており、股下にスナップがついておりカバーオールの様に着られます。
足がよく動く2か月頃からの着用が目安です。
長肌着の代わりに、コンビ肌着を用意しておくと長く使える為便利です。
出産準備には2枚から4枚程度揃えておくと安心です。

◆ボディースーツ

欧米のベビー用品でよく見られるのがボディスーツ。
全身をスッポリおおってフィットするので動きやすい形です。
頭からかぶせる形のものが多いので、基本的に首が座ってからの使用になります。

ベビー服の種類

◆ツーウェイオール(兼用ドレス)

生後3ヵ月ごろまでは普段着として、この兼用ドレスをよく使用します。
股下のスナップの留め方で長肌着の様な筒状と足を左右に分けたカバーオールの様なツーウェイで使用できます。
新生児の間は筒状にして使用し、足がよく動く2か月ごろからカバーオール状にして使用します。

◆カバーオール(ロンパース)

全身をすっぽりと包みこむ、上下が繋がった形のベビー用の普段着。
基本はスナップボタンで全開できるものが多く、また部分も左右に分かれてスナップで開閉できます。
おむつ替えも簡単にできるので、ベビーの時期はカバーオールを着せる事が多いです。
また、ロンパースはパンツ部分の丈が短いものをさすことが多いです。

◆スタイ(よだれかけ)

一般的なよだれかけのことをいいます。
よだれはもちろん、母乳やミルクの穿き戻しや食事の食べこぼしなどの汚れを防ぎます。
スタイの多くはスナップやマジックテープが主流ですが、ひもで結ぶタイプもあります。

◆お食事エプロン

水を通さないビニール素材でできた、離乳食時期にとても便利なスタイです。
たくさんこぼしても水を通さない為、衣服にしみ込まず安心です。
エプロン下部にポケットが付いているものが多く、下にこぼれ落ちるのを防ぎます。

これを準備しておけば安心!

◆新生児肌着

生まれる季節によってよく使用する肌着は変わってきますが、各3枚程度準備しておくと安心です。
生まれてすぐの頃は汗をよくかきますし、おむつも失敗する事がありますので、お着替えは多いと便利です。

短肌着 3~5枚

コンビ肌着 2~4枚

◆ベビー服

肌着の上から着せる赤ちゃんの普段着です。
兼用ドレスは新生児から着られるので、とっても便利ですよ。
大きくなってから焦って買わなくても済むように、カバーオールも用意しておくと安心です。
どちらも合わせて5~6枚程度用意しておくと、お着替えがなくなって焦ることなく過ごせます。

ツーウェイオール(兼用ドレス) 2~3枚

カバーオール 2~3枚

◆おむつセット

ベビーの必需品といったらおむつです。
布おむつがいい!と言い出した店長の母は、布おむつのレンタルを準備していました。
布おむつは大変なのですが、汚れたおむつは回収してくれて新しい布おむつを配達してくれるレンタルもあります。
しかし、次男はガッツリ紙おむつでしたけどね~。
おむつが無いとたちまち困ってしまいますので、布でも紙でも必ず準備しておきましょう。
おしりふきはお肌に優しいものを用意しましょう。
コットンを水に浸しておしりふきにすることもできます。
店長の次男はおしりにおできが出来て、病院に連れて行ったらおできをハサミ(みたいなメス?)で切られました・・・。
おしりをガシガシ拭きすぎたのか・・・。赤ちゃんのおしりはデリケートです。
おむつシートは便利グッズですが、おむつの失敗がこれでカバーできるのであれば安心です。

・おむつ 最低1パック

・おしりふき

・おむつシート

◆ミルクセット

私は母乳で育てるんだ!と意気込んでいても、母乳の出が悪かったり、乳腺炎になってしまったりと何が起こるか分かりません。
実際、店長は長男の時乳腺炎になってしまい、粉ミルクのお世話になりました。
とりあえず用意して使わなかったとしても、粉ミルクを使ったレシピはたくさんあります。
離乳食にも使えますし、お菓子や大人の料理にも使えちゃいますので、ご心配なく!!
哺乳瓶の消毒グッズも様々なものがあります。
店長はレンジでチンするだけの超簡単消毒グッズを使用していました☆
これが一番楽ですよ~。ものぐさの店長にはピッタリのアイテムでした。
煮沸したり時間をかけて漬け込んだりしないでいいのでオススメですよ。

・粉ミルク 1缶

・哺乳瓶 3本

・消毒グッズ

◆お風呂セット

赤ちゃんの新陳代謝はとてもすごいです。
毎日お風呂に入れて、清潔にしてあげましょう。
店長の家では長男のお風呂はパパか店長の弟の仕事でした。
男の人の方が手が大きいし、赤ちゃんの頭をふんわりスッポリと持ってあげられるので、パパがオススメです(笑)
お風呂で必要なガーゼは、沐浴時に使用するほか、げっぷを出してあげる時など様々な用途があります。
ガーゼはたくさん用意しても全く困りません。
また、ベビーバスは赤ちゃんが大きくなっても使えるものがオススメです。
沐浴剤はお肌に優しいものを、温度計は冬はお湯が冷めやすいのであると温度調整がしやすく便利ですよ。

ガーゼ 5~6枚

・ベビーバス

・沐浴剤

・温度計

◆ケアグッズ

赤ちゃんは色々ケアする事が多いんです。
へその緒周りのケアや、耳掃除、鼻掃除には綿棒を使用します。
赤ちゃんの皮膚はとても薄いので乾燥しやすく、とても敏感です。
お肌が荒れてしまうと悪化しやすいのでお肌ケアもしてあげましょう。

・ベビー綿棒 1パック

・ベビーオイルなど 1本

・ベビー用爪切り

・ベビー用洗濯洗剤

・ベビー用体温計

◆ねんねセット

ベビーベッドの有無に関わらず、お布団は必要です。
敷布団タイプのものや、マットレスタイプのものなどさまざまなタイプがあります。
特に枕は丸い頭の形にフィットするものがあります。
赤ちゃんは寝ている時間がほぼなので、良い布団を選んであげたいですね。
ちなみに店長は長男に布団を用意するのを忘れていて、客用の座布団にガーゼシーツを巻いたものを布団にしていました。
新生児は座布団の中におさまるんだー・・・と感心したことを覚えております。

・ベビー敷き布団

・ベビーかけ布団

・ベビー毛布(冬)

・ベビーシーツ

おねしょシーツ

・ベビーまくら

◆チャイルドシート

車で移動することが多いママは、絶対必要です。
出産後、退院する時に車で帰宅する時に無いと、ただちに困ってしまいます。
新生児期から使用でき、幼児期まで使えるものを選ぶと良いでしょう。

あると便利なベビーグッズ

◆おくるみ

キュッとくるむと赤ちゃんが安心するらしく、寝かしつけの時に便利です。
店長は長男も次男も泣いたらとりあえず、おくるみでミノムシ状態にして踊れませんがダンスステップを踏んでいました。
そしたら結構すぐに寝ましたね~。

◆スタイ

生まれてすぐは、よだれが出ないのですが、離乳食を始めるあたりからよだれが出始めます。
慌てて買いに行かなくても済むように、先に用意しておくと安心です。
もう長男が大きくなって引き出しを整理していると、昔使っていたスタイがカビだらけになって出てきました。
懐かしさは無く、ただ恐怖が襲ってきました。
使わなくなったスタイはすぐに捨てましょう~。

◆入浴布・バスタオル

お風呂以外でもおくるみ替わりにしたり、シーツ代わりにしたりと便利なので用意していて損はありません。
自宅にあるものでも構いませんが、ベビー用は軽くて柔らかいものが多いので、ベビー用がオススメです。

入浴布・バスタオル 2~3枚

◆ベビーくし

髪が少なければ必要ありませんが、多い赤ちゃんは必須です。
店長の男子~ズはどちらも毛が少なくて、全くお世話にならなかったアイテムです。

◆ベビーベッド

最近は買わなくても使用時期だけレンタルできるベビーベッドもあります。
場所を取るから・・・とか、すぐ使わなくなるから・・・といった心配はレンタルで解消されます。
ただ、絶対必要なものではないので、布団だけでも十分です。
店長は長男の時は布団のところでも言いましたが、準備を怠っておりましたが、次男の時はレンタルしました~!
組み立ては組み立てが苦手なパパにやってもらいました!
そこに安全地帯ができた感じがして、すごく安心した覚えがあります。オススメですよ。

◆抱っこひも

ママは忙しいものです。
赤ちゃんが泣いてもやらなければならない事だってあります。
でも赤ちゃんから目を離すのは心配ですよね。
そこでこの抱っこひもはとっても便利なアイテムなんです。
おんぶもできるし、抱っこもできるので、場合によって使い分けができます。
おんぶしながらちょっとした洗い物をしたりもできます。
抱っこしてお出かけする時も、両手が空くので荷物を持ったり手続きをしたりできちゃいます。
ちょっとした時に便利なので持っていると安心ですよ。
店長はベビー用品のリサイクルショップでよく分からない抱っこひもを買ってしまい、こんがらがって意味不明でした。
説明書がちゃんとついてるものを買わないといけませんね~。

◆ベビーカー

ママはお買い物や銀行に行ったりとお出かけする事も多いですよね。
赤ちゃんの検診だって行かないといけません。
そんな時、ベビーカーがあれば移動が楽チンです。
最近はベビーカー周りの便利グッズも充実しているので、お出かけも楽しくなりますよ!
ちなみに店長の長男の頃はそんな便利グッズがあまりなく、洗濯用のワイヤーハンガーを無理やり捻じ曲げて
ベビーカーの取っ手に巻きつけて、バッグハンガーにしていました。これが激ダサで笑える見栄えでした(笑)
今は100均でも売っていますので、そんなことしなくても大丈夫ですよ~。

◆鼻水吸引器

赤ちゃんの鼻が詰まってる時に使用します。
ストロー状のママが吸って吸引するものと、電動のものがあります。
店長は鼻が詰まってゼロゼロいっているのがどうしても気になって、ママが吸うタイプのものを購入しました。
もちろん吸ったからといって、ママの口に鼻水が入ってくるわけではございません!安心して下さい。
ママが吸うストローと赤ちゃんの鼻に入れるストローの間にポットがあって、そこに鼻水が回収されるしくみになっています。
店長はそれをやってみましたが、なかなか吸引力がいるのでほっぺたが筋肉痛になり断念。
それでも鼻水を取りたくて、吸引器売り場をウロウロしていたら、スポイト状の吸引器を発見したのです。
指でキュッと押してから赤ちゃんの鼻に入れて、手をゆるめるとズボッと吸い取ってくれるアイテムです。
これがすごく良くて、一瞬で吸い取ってくれるし、安くて簡単なので気に入って使ってました。
鼻がゼロゼロいって気になるママはあるとスッキリしますよ。

◆加湿器・空気清浄器

赤ちゃんの為に用意しておくと安心ですね。
店長は加湿器も空気清浄器も買いませんでしたが、長男の時は結構気を使っていました。(布団忘れてましたが)
ですが次男になるとそれはそれは適当になってしまい、野生児のように育ってしまいました・・・。
赤ちゃんの頃の環境はその後に影響しているんでしょうか・・・。謎です。

◆お宮参り着

お宮参りは生後1ヶ月なので、先に用意しておくと慌てずに済みます。
用意していなくても「チルドレン通信」でポチっとするだけで、可愛いベビー服をゲットできますが☆
ちる通では袴カバーオールがものすごい人気ですので、是非チェックしてみて下さいね。
今は色んな衣装があるので、選ぶのも楽しいですね!