月別アーカイブ: 2021年6月

14 June

子供服のサイズと選び方 子供服のサイズと選び方を解説

子供服のサイズと選び方

「子供服の選び方がわからない」と悩む方は、服のサイズや素材にこだわって選ぶことがおすすめです。ここでは子供服のサイズの選び方や素材について紹介します。また、選ぶ際の注意点についても紹介しているのでぜひご覧ください。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、カバーオール・ロンパースについて豊富なバリエーションで販売しています。カバーオール・ロンパースについてお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒チルドレン通信のカバーオール・ロンパースを今すぐ見に行く

子供服はジャストサイズで選ぶ

子供服はジャストサイズで選ぶことが大切です。しかし、子供の身長がどのぐらい大きくなるのか疑問を抱くかと思います。そこでここからは、新生児、乳児、幼児のジャストサイズの目安について解説します。

新生児のジャストサイズの目安

新生児のサイズの目安は50サイズがおすすめです。子供服のサイズの数字は身長を表しており、50サイズと表記されている場合は身長50cm用の服となります。

厚生労働省の「乳幼児身体発達調査:調査の結果」では出生時の男子の平均身長は49.0cm、女子で48.5cmであることがわかります。男女共に平均身長は変わりませんので50サイズを選んでおくとよいでしょう。

乳児のジャストサイズの目安

乳児のジャストサイズの目安は50~70サイズです。厚生労働省によると乳児の身長は50cm~70cmが平均身長となることがわかります。特に個人差も大きくないので平均値に合わせて選んでも問題ないでしょう。

幼児のジャストサイズの目安

幼児の場合は、成長が著しいので実際に子供の身長を測ってからジャストサイズの服を選ぶことがおすすめです。

厚生労働省によると、幼児の身長は1歳から2歳までで70cmから90cmにまで伸びます。また、2歳から6歳までの変化は80cmから123cmまで伸びることがわかります。幼児の身長は個人差が大きいので実際に身長を測ってからサイズを選びましょう。

子供服は子供の肌に合った素材を選ぶ

子供服は子供の肌に合った素材選びが大切です。子供は肌が敏感であるので肌に優しい素材や伸縮性、通気性に意識して選ぶことがおすすめです。

肌に優しい素材を選ぶ

子供服の素材には、肌に優しいものを選びましょう。子供は大人よりも皮膚が薄いので外からの刺激に敏感です。かゆみが生じるような素材の服を着てしまうと、子供は無意識にかいてしまうので、炎症を引き起こす可能性があります。

そのため、かゆみを生じさせないような肌に優しい素材選びが大切です。パイル素材の服であればタオルのような肌触りがあるので、かゆみを防いでくれます。

伸縮性を意識して選ぶ

子供服は、伸縮性を意識して選ぶこともおすすめです。伸縮性がある子供服は、子供に服を着せるときや子供自ら服を着るときなどに着用しやすくなります。また、履いた本人も窮屈さがなく動きやすくなるので、服を着るのを嫌がる心配もありません。

伸縮性のある服は生地が伸びきってしまうともとに戻らなくなるデメリットがありますが、子供はすぐに成長してしまうので経年劣化についても心配ないでしょう。

通気性を意識した素材選び

通気性を意識した素材選びも大切です。子供は体温が高く、汗を頻繁にかくので通気性の悪い服や乾きにくい服を着てしまうと肌荒れを起こす危険性があります。子供の肌は繊細なので、通気性に優れているガーゼ素材の服や吸湿性に優れている綿素材の服を選ぶことがおすすめです。

子供服選びの注意点

ここまで子供服を選ぶうえでサイズや素材を意識する重要性について解説しました。ここからは注意点について紹介します。

大きいサイズは選ばない

大きいサイズは選ばないようにしましょう。子供は成長が著しいので先を見越して少し大きいサイズを選ぶ方がいますがあまりおすすめできません。

特に新生児に大きいサイズを選んでしまうと体が動かしにくくなるのでストレスとなってしまいます。また、吸汗性が下がる原因にもなるので、子供服に大きいサイズを選ぶのは控えましょう。

フードやひも付きはできるだけ選ばない

フードやひも付きはできるだけ選ばないようにしましょう。子供はよく動き回るので誤って首に絡まるなど大変危険なリスクが伴います。そのため、フードやひも付きのない服を選ぶようにしましょう。

海外の子供服にはサイズに注意する

海外ブランドの子供服を購入する際はサイズに注意しましょう。日本と海外とでは骨格や体型が変わってくるので服のサイズも多少変わります。

特に手足の長さが異なるので、サイズが合っていても手足の長さが合わないことがよくあります。そのため、海外ブランドの服は購入する前に事前に試着することがおすすめです。

子供服はサイズや素材にこだわって選ぶ

子供服はサイズや素材にこだわって選びましょう。特に幼児になると成長が著しくなるので買う前に身長を測ることがおすすめです。

また、子供はよく汗をかくので吸湿性の高い素材を選ぶなど素材選びも重要となります。子供は敏感肌なのでサイズや素材にこだわることでストレスなく服を着させることができます。

赤ちゃん用のワンピースの選び方はこちら