21 January
21 January

赤ちゃん・新生児の夏服の種類と着せ方を解説!寝るときの服装は?

夏の服装の注意点

夏生まれの赤ちゃんには、暑さ対策のために、涼しく過ごせる服を選ぶことが大切です。しかしエアコンが効いている室内では、半袖短パンのように手や足を出している服装では、大人以上に体を冷やしてしまいます。
そこでこの記事では、新生児や赤ちゃんの夏服の種類と着せ方、寝るときや外出時の服装、体温調節をするためのポイントなどについてご紹介します。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、カバーオール・ロンパースについて豊富なバリエーションで販売しています。カバーオール・ロンパースについてお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒チルドレン通信のカバーオール・ロンパースを今すぐ見に行く

赤ちゃんに適した夏服の種類

赤ちゃん夏服パターン

赤ちゃんは、小さい体に大人と同じ数の汗腺があるため、たくさんの汗をかきます。そして、まだ体温を調節する機能が十分ではなく、外気温に体温が影響されやすくなっています。

特に暑い夏は汗をかきやすく、あせもなどの湿疹もおこりやすくなるため、できるだけ快適にすごせるような通気性に優れた衣服を選ぶことが大切です。

赤ちゃんの「暑い」「寒い」というサインを赤ちゃんの肌を触ることによって感じ取り、衣服で調節してあげましょう。

短肌着+コンビ肌着

エアコンが効いている部屋で過ごしている時は、短肌着の上にコンビ肌着を着せてあげるのが一般的です。新生児や赤ちゃんが室内で過ごすときは、夏場なら肌着のみで十分です。

赤ちゃんの肌着の記事はこちら

チルドレン通信の赤ちゃんの肌着

短肌着+2WAYオール(カバーオール)

お出かけの時や来客があるときなどには、デザインや色が豊富なカバーオールや2WAYオールなら、おしゃれも楽しめます。2WAYオールは長い期間着用できるので、新生児から買っておくと便利に使えます。

チルドレン通信の2WAYオール

ロンパース

足をバタバタさせるようになったら、夏ならロンパース1枚でも大丈夫です。赤ちゃんの足が動いてもおなかがはだけず、おむつの交換も簡単にできます。

チルドレン通信のロンパース

ガバーオールとロンパースの違いはの記事はこちら

用意しておきたい服の枚数

寝ているだけでも、この時期の赤ちゃんはよく汗をかきます。1日に数回お着替えができるように、枚数は多めに用意しておくと安心です。
用意しておきたい服の枚数の目安は次のとおりです。

種類 枚数
短肌着 5~6枚
コンビ肌着 5~6枚
ロンパース(ボディスーツ) 2~3枚
2WAYオール(カバーオール) 1~2枚

赤ちゃんに夜寝るときのパジャマは不要

新生児から3カ月ごろまでの赤ちゃんは、「寝ているのが仕事」とも表現されるくらい、日中もよく寝ています。したがって、夜寝るときのパジャマも、特別なものを用意する必要はありません。昼間と同じ肌着を夜も着用すれば十分です。

赤ちゃん向きの夏の素材

まだ肌が弱い赤ちゃんの夏服には、綿100%で、通気性や吸水性の高い素材を選んであげましょう。
なお、同じ綿100%であっても、編み方によって生地の名前が異なり、次のような特徴の違いが生まれます。夏生まれの赤ちゃんには、特に通気性のよいガーゼや天竺がおすすめです。

生地 特徴
ガーゼ

 

平編みの生地

吸水性、通気性にすぐれている

やわらかく肌触りが良い

ふんわりと軽い

フライス 編み生地

伸縮性が高い

やわらかな手触り

オールシーズン向き

天竺(てんじく) 平編みの生地

通気性にすぐれている

横方向への伸縮性が高い

乾きやすい

夏の服装で注意すること

肌が弱い赤ちゃんにとって、汗をそのままにしておくことは肌トラブルを引き起こす原因になります。暑い夏は特に以下の2点に気をつけましょう。

汗をかいていないかこまめに確認する

赤ちゃんが汗をかいたままにしておくと、あせもなどの皮膚炎を引き起こしてしまいます。こまめに赤ちゃんの肌に触り、汗ばんでいたら着替えをしてあげましょう。
また、汗とりパットを背中に入れておくと、着替えさせなくてもパットを引き抜くだけですむので、おすすめです。パットがなくても、ガーゼなどを背中にいれておくだけでも効果があります。

汗取りパットはこちらから

スタイはこまめに取り換える

ミルクをげっぷでこぼしたり、よだれをたらしたりする赤ちゃんには、スタイが欠かせません。ところが、暑い夏の季節にスタイをし続けると、それが原因であせもができてしまうこともあります。スタイはこまめに取り換えるとともに、寝ている時はなるべくはずすことを心がけましょう。

スタイ各種はこちらから

夏の外出時の服の着せ方

赤ちゃんは健診や予防接種などで、意外とお出かけをする機会が多くあります。そのようなときは、室内にいるとき以上に、赤ちゃんに対して注意してあげたいことがあります。

紫外線から守るために肌を衣服で覆う

大人なら暑い夏は半袖になりますが、赤ちゃんには短肌着のうえから薄手の2WAYオールなどを着せて、肌を足元まで覆ってあげましょう。暑いように思われるかもしれませんが、赤ちゃんの肌は大人より薄く、紫外線から肌を守る必要があるのです。

ベビーカーの時はシェードを被せて日除けし、抱っこひもの場合は直接日が当たらないように、薄地のおくるみなどでやさしく覆ってあげれば安心です。

冷房から守るために薄手の衣類やおくるみを持参する

真夏のスーパーやショッピングモールなどは、大人にとっては心地よい涼しさでも、赤ちゃんにとっては冷えすぎていることがよくあります。

体温調節機能がまだ整っていない赤ちゃんを守るために、上から羽織れるような薄手の上着やガーゼタイプのおくるみなどを持参しておくと対応できます。

ガーゼのおくるみはこちらから

汗をかいたらこまめに着替えさせてあげましょう

赤ちゃんは自分の口で自分の気持ちを説明できません。ママやパパなど、周りにいる大人が赤ちゃんの気持ちを常に察して、快適に過ごせるように工夫してあげましょう。

この記事の著者:チル子
チル子

チルドレン通信勤務の主婦ライター。 旦那と子供2人と4人暮らしで、お仕事と育児に毎日奮闘中。 趣味は子供服のコーデを考えることです。