カテゴリー別アーカイブ: 赤ちゃん服の着こなし方

07 October

ベビー服の種類一覧まとめ!


ベビー服にはさまざまな種類があります。初めてベビー服を買うときは、どれを購入すればいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。ブランドによって名前が変わる種類もあるので、新米パパ・ママが混乱してしまうのは当然です。

今回は、ベビー服の種類とその特徴をまとめました。これから生まれてくる赤ちゃんのためにベビー服を購入したい方、成長に合わせて買い足したい方はこの記事を参考にベビー服選びをしてみてください。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、子供服・ベビー服について豊富なバリエーションで販売しています。子供服・ベビー服をお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒子供服の通販 chil2を今すぐ見に行く

ベビー服の種類とその特徴

ひとくちにベビー服といってもその種類はさまざまです。そこでベビー服の一覧をわかりやすいようにまとめました。新しいベビー服を買う前に、どんな種類と特徴があるのか改めて確認しましょう。

ドレスオール

ドレスオールは、短肌着や長肌着など、日本式の肌着のうえから着させてあげるタイプのベビー服です。裾の部分がドレスのように開いているため、足をばたつかせる月齢になるとあまり向いていません。
目安としては新生児期~生後1・2ヶ月頃までの服です。足が完全に隠れる丈か、足首くらいまでの丈が一般的になります。ベビードレスと呼ばれることもありますが、メーカーによってはベビードレスは次に紹介するベビー服と分けている場合もあります。

ベビードレス

ベビードレスもドレスオールのようにワンピースのように裾部分が開いているタイプのベビー服です。ドレスオールとベビードレスが同じものを指す場合もありますが、お宮参りや写真撮影などで着用するフォーマルなものをベビードレスと呼ぶ場合もあります。
フォーマルな意味でベビードレスと呼ばれる場合は、ドレスオールを着用する月齢を超えた場合にも着用するものを指すこともあるので覚えておきましょう。

ツーウェイオール

ツーウェイオールは、スナップの使い方次第でドレスオールにもカバーオールにもなるベビー服を指します。前身にスナップがついているため、着脱は簡単です。股の部分にもスナップがついており、スナップを留めるとカバーオールに、スナップを留めないとドレスオールになります。
前開きなので、寝返りがまだできない時や首が座っていない状態に着せやすいタイプのベビー服です。

ショートオール

ショートオールは、前身にスナップがついているタイプと、被せて着せるタイプがあります。下半身の部分はショートパンツかブルマ型になっており、おむつが変えやすいように股の部分だけスナップがついたベビー服です。
前びらきタイプは、寝返りがまだできない時や首が座っていない状態に着せやすく、被せて着るタイプは動き回るようになっても着せやすいタイプとなっています。メーカーによってはカバーオール、ロンパースと呼ぶこともあります。目安としては7〜8ヶ月頃までの着用がおすすめです。

カバーオール

カバーオールは、長袖長ズボンタイプのつなぎのようなベビー服です。手首と足首の部分にはゴムが入っています。股の部分がスナップになっていて、おむつ替えが簡単です。
首元からスナップがついていて前開きしやすいものもあれば、股と肩のみにスナップがついていて被せて着せるタイプもあります。季節によっては肌着なしでカバーオールを着ても問題ありません。
海外のメーカーを中心に、カバーオールをロンパースと呼ぶ場合もあります。

ロンパース

海外では、上下がつなぎになっているものをロンパースと呼ぶことが多いです。そのため半袖とショートパンツ、長袖と長ズボンであってもロンパースと呼ばれることがあります。
ここまで紹介した通り、ショートオールやカバーオールをロンパースと呼ぶこともあれば、ツーウェイオールを2WAYのロンパースと呼ぶこともあるようです。
また後述しますが、肌着として使うボディスーツもロンパースと呼ぶ場合があります。かなり広い意味を持つ種類なので、購入の際は用途や形をしっかり確認しましょう。

パンツ

足の部分がブルマ型になっているロンパースに合わせるベビー服のボトムスです。股の部分がスナップになっているものであれば、おむつ替えは簡単にできます。ショートパンツやスカートになっているものもあり、お出かけの際に着用することが多いです。

ベビー用の肌着の種類

ベビー服は、ほとんどの場合で肌着を着用します。肌着の種類もいくつかありますので、その違いを覚えておきましょう。

短肌着

短肌着は日本式の丈の短い肌着です。前身を合わせて紐で結ぶ形が一般的となっています。
素材はコットン100%が主流で肌触りがよく、汗をしっかり吸収するのが特徴です。内側にも紐があるので気崩れしづらくなっています。新生児から3・4ヶ月くらいまでの赤ちゃんが着る肌着です。寒い季節は、短肌着を重ね着したり、この後紹介する長肌着やコンビ肌着と重ね着したりして使います。

長肌着

長肌着も日本式の肌着です。短肌着と比べて丈が長く、短肌着のうえに重ねて着用します。秋冬に生まれた赤ちゃんが新生児から3・4ヶ月くらいまでの間に着用する肌着です。
春・夏生まれの場合は着用させることはないでしょう。こちらもコットン100%が主流となっており、肌触りがいいのが特徴です。丈が長いので、ベビー服の下着として使われることはあまりありません。最近は長肌着よりもコンビ肌着を選ぶ方も多いです。

コンビ肌着

コンビ肌着も日本式の肌着です。短肌着に重ね着するタイプで丈が長いのですが、長肌着と異なり股の部分がスナップになっているので、ベビー服の下着としても使えます。季節によっては短肌着を着用せず、コンビ肌着だけを着せてベビー服を着せても構いません。素材はこちらもコットン100%が主流です。

ボディスーツ

ボディスーツは欧米式の肌着で、股の部分がスナップになっています。一部ロング丈のパンツ型になっているものもありますが、基本はショートパンツ型かブルマ型です。ボディスーツにパンツだけを合わせてもお出かけできるようなデザインが多くなっています。
ボディスーツはメーカーによってさまざまな呼び方があり、ボディオール、ロンパース、ボディシャツ、ボディなどとも呼ばれるようです。

日本式と欧米式はどちらがいいの?

日本式と欧米式のどちらがいいということはありません。ただ日本式の肌着に海外メーカーのベビー服を合わせると、肌着がうまく収まらないこともあります。そのため日本式か欧米式かで肌着もベビー服も統一したほうがいいでしょう。
メーカーごと揃えてしまえば、組み合わせができないということはまずありません。特に生まれてくる前に買い揃えておくものは、メーカーを合わせておくと、組み合わせを考える必要がないのでパパ・ママも楽ちんです。

【まとめ】

ベビー服は生まれた季節を考えて購入しよう

今回ご紹介したベビー服は、いずれも生後1年未満で着用することが多い服です。季節によっては、着用する機会がなく、せっかく買っても着せることなくサイズアウトしてしまう可能性もあるので注意しましょう。
赤ちゃんの服はどれも可愛く見えてたくさん買ってしまいがちですが、生まれた季節を考えながら必要なベビー服を購入するのがおすすめです。
生後数ヶ月の間はまだまだ外出する機会も多くありません。まずは必要なベビー服をリストアップして、成長に合わせて少しずつ買い足すようにするといいでしょう。

30 July

赤ちゃん服の洗い方・干し方・水通しの方法を解説 赤ちゃん服の洗い方・干し方・水通しの方法を解説

赤ちゃん服の洗い方・干し方・水通しの方法を解説

赤ちゃん服は大人物とは違い、水通しという独特の洗い方があります。
新米ママななかには、聞いたことはあっても「やり方を知らない」「どうして必要なのかわからない」という人もいるでしょう。

そこで本記事では赤ちゃん服に必要な水通しについて詳しく解説します。
赤ちゃん服の干し方も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、赤ちゃん服について豊富なバリエーションで販売しています。赤ちゃん服をお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒赤ちゃん服を今すぐ見に行く

赤ちゃん服の水通しが必要な3つの理由

「水通し」とは赤ちゃん服をあらかじめ水洗いしておくことをいいます。
新品の洋服をわざわざ1度水洗いする理由は、免疫力が弱い赤ちゃんのために有毒成分を落とし、吸収性を高めるといった理由があります。

ここでは、より詳しく水通しが必要な理由について解説します。

1. 有毒成分「ホルムアルデヒド」を落とすため

水通しを行う大きな理由の1つは新品の赤ちゃん服に付着している有毒成分「ホルムアルデヒド」を落とすためです。
ホルムアルデヒドは防虫効果や、シワ防止のために衣類に使用されている物質で、大人の場合はとんどの方が特に問題になることはありません。

ただ、デリケートな新生児だと、微量のホルムアルデヒドで皮膚炎やアレルギー反応が起こる場合があります。
そのため、新品の赤ちゃん服は一度水通しという方法で洗ってから着用させてあげることが大切です。

ホルムアルデヒドは水に溶ける性質を持っているので、水洗いするだけで簡単に落ちます。

2. 汗の吸水性を高めるため

水通しは新品の赤ちゃん服に付着している糊を落とし、着心地をよくするという効果もあります。
もともと糊は洋服の繊維を保護し、加工しやすくするために付着しているものです。

糊付きのままでは、吸汗性や吸湿性が悪いので、汗かきの赤ちゃんはあせもができやすくなります。
また、ゴワゴワして肌触りも悪いので、柔らかい赤ちゃんの肌にはよくありません。

糊は水で洗うだけで簡単に落ちるので、新品の赤ちゃん服は一度水通しをすることをおすすめします。

3. 色落ちや縮みを防ぐため

水通しには衣類の縮みや色落ちを防ぐ効果もがあります。
柄物の赤ちゃん服はとても可愛いですが、色の濃い衣類にはその分染料も多く使用されているので、デリケートな赤ちゃんにそのまま着用させるのは、やめておいたほうが安心です。

とくにアトピー体質の赤ちゃんなら、服の染料にも過敏に反応してしまう可能性があるので症状がひどくなる場合があります。
そのため、赤ちゃんの肌をきちんと守るためにも、新品の赤ちゃん服は必ず水通しをするようにしましょう。

水通しは手洗いと洗濯機洗いの2つの洗い方がある

水通しが赤ちゃん服に必要な理由を理解していただけたと思います。
次に、赤ちゃん服の洗い方を確認していきましょう。

手洗いと洗濯機洗いの2通りの洗い方があるので、ここではその両方を紹介します。
自分に向いている方法を選択し、出産後は体調的にも大変なので早めに準備をしておきましょう。

手洗いで行う水通しの手順

手洗いで水通しを行う場合は、先に衣類を付ける洗面所や洗面器の掃除を済ませておきましょう。
そしてしっかり水洗い出来るよう、衣類の紐はすべてほどいておきます。

清潔な洗面器に水かぬるま湯をため、そこに赤ちゃん服を浸してください。
衣類の表面についた糊や汚れを手でやさしく揉みながら洗い落とします。

終わったら洗面器の水を捨て、新しい水をためて、押し洗いしながらすすげば水通しは完了です。

絞るときは布地を伸ばさないようにやさしく行い、手のひらで叩いてシワを伸ばします。
シワが伸びたら、ベビーハンガーにかけて日光の当たる場所に干してください。

衣類の量が多い場合は洗濯機のほうが便利ですが、少ない場合は手洗いで行ったほうが素早く水通しが終わります。

洗濯機を使う水通しの手順

水通しを洗濯機で行う場合は、まず洗濯槽が汚れていないか確認しましょう。
洗濯槽の掃除をしたばかりを除いては、洗濯槽クリーナーできれいにしておいた方が安心です。

手洗いのとき同様に、赤ちゃん服の紐をとき、布地の傷みを防ぐため洗濯用ネットにいれます。
コースは通常コースより優しい洗い方ができるソフト洗いや手洗いを選びましょう。

洗濯が終わったらすぐに服のシワを伸ばし、形を整えてからベビーハンガーにかけて干します。

干し方は日光に当てるのがベスト!

水通しした赤ちゃん服の干し方は日光に当てるのがおすすめです。
とくに手洗いだと、絞り方が十分ではないので、日陰では乾きが悪くなります。

赤ちゃんの服が長い時間湿ったままだと、雑菌が繁殖してしまいます。
においも発生するため、なるべく早く日光に当てて乾かしましょう。

ただ季節によっては花粉やPM2.5が飛来している時期があるので、その場合は室内干しがおすすめです。
花粉が衣類に付着すると、赤ちゃんがアレルギーに反応してしまう可能性もあります。

また、車の排気ガスや工場の煤煙に含まれるPM2.5は、吸引すると呼吸器や循環器系に影響を与える場合があります。
免疫力の弱い赤ちゃんにはとくに危険性が高いので、十分気を付けるようにしましょう。

花粉やPM2.5の情報は、天気予測を掲載しているウェブサイトでチェックできるので、水通しをする場合は必ず確認しましょう。

赤ちゃん服の水通しに関する5つの疑問

水通しの洗い方はとても簡単ですが、いつまで行えばいいのか、大人物と一緒にしてもいいのかいろいろ気になることもあるでしょう。

そこで水通しをはじめると悩みやすい5つの疑問について解説します。

1. 水通しはいつまで続ければいいの?

水通しをやめる時期で悩む方がいますが、実際にはとくに明確なルールはありません。
人によって「出産前に一度行ったのみ」「新生児期の間だけ続けた」などさまざまです。

経験者には早い時期にやめた人もいれば、長く続けている人もいるので、結果として赤ちゃんの肌の状態を見ながら各自で判断することになります。

2. 洗剤を使いたい場合は?

水洗いだけでは不安という人は、ベビー用洗剤を使用して洗うとよいでしょう。
ベビー用洗剤なら、赤ちゃんの肌に負担をかける合成界面活性剤や着色剤、蛍光増白剤などがほとんど含まれていません。

すすぎさえしっかり行えば、赤ちゃんに与える影響もほとんどないので、どうしても洗剤を使いたい場合はベビー用洗剤を使いましょう。
ただ新品の衣類には油汚れや皮脂汚れは付いていないので、基本的には水通しだけでも十分です。

3. 水通し前に準備するものって?

水通し前にはデリケートな赤ちゃん服に汚れが付かないよう清掃からはじめてください。

前項でも触れましたが、洗濯機洗いなら洗濯槽の掃除を重点的に行いましょう。
パッと見は汚れていないように見えても、洗濯槽の裏側は雑菌やカビ、ゴミ、洗剤のカスなどがかなり付着しているものです。

そのまま使用すると、せっかく水通しした赤ちゃん服に汚れが付着することになります。
そのため、赤ちゃん服を洗濯洗いする前は、一度洗濯槽用クリーナーを使ってキレイに清掃するのがおすすめです。

洗濯機の機種によって、使えるクリーナーが異なる場合がありますが、可能なら酵素系の洗濯槽クリーナーを使いましょう。
酵素系クリーナーは主成分が過炭酸ナトリウムで、水に溶けると活性酸素を発生させて強力に汚れを浮かせます。

塩素系のクリーナーよりも刺激が少なく、鼻にツンとくるにおいが気にならない点も魅力です。
水通しを手洗いで行う場合は、洗面所や洗面器をあらかじめ洗っておくようにしましょう。

また、ベビー服を干すときに使うベビーハンガーも購入しておくと便利です。
大人用のハンガーだと大きさが合わないので、布地が伸びて型崩れを起こしてしまいます。

ベビーハンガーなら赤ちゃん服にピッタリサイズに作られているので、クリップ付きタイプや10連タイプなど使い勝手のよいものを揃えておきましょう。

4. 水通しは赤ちゃんが使用する全ての布製品に行うの?

基本的に水通しは赤ちゃんが触れるもの全ての布製品に行います。
赤ちゃんは布地を口に入れてしまうこともあるので、直接素肌に触れなくても赤ちゃん用なら全部水通しをするくらいの覚悟がよいでしょう。

寝具や布団カバー、おくるみ、タオルなど赤ちゃんが触れる可能性がある布地はたくさんあります。
出産前の余裕のある日にまとめて水通しすることをおすすめします。

5. 乾燥機は使用しても大丈夫?

赤ちゃん服を乾かすのに乾燥機を使用したいという人もいますがやめたほうが無難です。
なぜなら、一般的に赤ちゃん服は肌触りを重視するので、化学繊維や型崩れを防ぐ薬剤を使っていません。

そのため、赤ちゃん服を乾燥機に入れると、布地によっては大きなダメージを受けることがあります。
肌触りがゴワゴワしたり、縮んでしまったりする可能性があるので、基本的には日光で乾かすのがおすすめです。

どうしても時間が作れない場合や雨続きで乾きが遅いときだけ、布地や洗濯表示を確認して乾燥機を使用するようにしましょう。
その場合、事前に洗濯機を掃除したように乾燥機もきちんと掃除する必要があります。

せっかくの水通しが台無しになる可能性もあるので、赤ちゃん服に乾燥機を使う可能性がある場合は事前に清掃を済ませておきましょう。

【まとめ】

出産後に慌てないようしっかり準備して赤ちゃんをお迎えしよう

水通しは赤ちゃんのデリケートな肌を守るために必要な大切な作業です。
水通しをすることで赤ちゃん服についたホルムアルデヒドを落とし、汗の吸水性を高め、色落ちや縮みを防いでくれます。

洗濯機を使う洗い方と手洗いがあるので、状況に合わせて選択するようにしましょう。

赤ちゃんの身の回りで使うあらゆる布地に水通しが必要です。
量がある場合は、早めに準備しておくことをおすすめします。

 

08 July

2 生後すぐから大活躍!男の子にも女の子にもおすすめなロンパースの赤ちゃんコーデを紹介

2

ロンパースは、トップスとボトムスがつながったベビー服です。おむつ替えがしやすくおなかも出ないため、生後すぐから2歳頃まで活躍します。

肌着とアウターの両方に使える点も大きな特徴です。ロンパースの多くは肌に優しく吸水性が高いコットン製で、汗っかきな赤ちゃんにぴったりです。男の子も女の子も着られるおしゃれでかわいいデザインが多く、乳幼児健診などのお出かけにも重宝します。

一方、ベビー服にはさまざまな種類があるため、新米ママ・パパのなかには違いがわかりにくいと感じる人もいるでしょう。この記事では、ロンパースの特徴や月齢ごとの選び方、季節ごとのコーディネート例を紹介します。ロンパースを選ぶときの参考にしてください。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、カバーオール・ロンパースについて豊富なバリエーションで販売しています。カバーオール・ロンパースについてお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒チルドレン通信のカバーオール・ロンパースを今すぐ見に行く

ロンパースってどんなもの?

⇒『無地足無しロンパース』を今すぐ見る

ロンパースの特徴やほかのベビー服との違いを解説します。

ロンパースの特徴

ロンパースは、1枚で着られる「つなぎ」のようなベビー服です。股下や内股にスナップボタンが付いている点が特徴で、ボタンを外すだけで手軽におむつ替えができます。体にフィットするデザインで着崩れしにくく、赤ちゃんが活発に動いても脱げません。

短いパンツやスカートが付いているもの、セパレートタイプに見えるものなどデザインが豊富で、アウターとの兼用が可能です。素材は、スムースやフライス、ガーゼなどさまざまです。前開きタイプとかぶって着るタイプの2種類があります。

袖丈は、長袖、半袖、ノースリーブのいずれかですが主流は半袖です。ボトムスはブルマか短パンで、長ズボンタイプは多くありません。

カバーオールとの違い

カバーオールもつなぎタイプのベビー服です。股下や内股にスナップボタンがある点はロンパースと同じですが、アウター専用で基本的に肌着向きではありません。

カバーオールにも半袖やノースリーブはありますが長袖が主流です。ボトムスは10分丈(フルレングス)や7分丈が多く、つま先まですっぽり覆うタイプもあります。ロンパースや肌着を下に着せてから、カバーオールを重ねる着せ方が一般的です。

コンビ肌着との違い

コンビ肌着とは、打ち合わせ部分を着物のように重ねてヒモで結ぶベビー肌着です。前が完全に開くため、首がすわらない時期の肌着として広く使われています。新生児用の肌着にはほかにも短肌着や長肌着がありますが、内股部分にスナップボタンが付いている点がコンビ肌着の特徴です。

ボタンを外すと裾が開いた状態になり、ボタンを留めるとズボン状になります。赤ちゃんが足をばたつかせても服がはだけないため体の冷えを防げます。

ボディスーツとの違い

ボディスーツとは、ボトムスがブルマタイプになったロンパースです。ロンパースには短いズボンやスカートが付いたデザインがありますが、ボディスーツにはありません。ボディスーツ型の肌着をボディやボディ肌着と呼ぶ場合があります。前開きタイプとかぶりタイプの2種類がある点はロンパースと同様です。

ただし、ボディスーツ、カバーオール、ロンパースなどの用語には明確な定義がなく、メーカーやショップによっても扱いが異なります。

ロンパースの3つの魅力

2

ロンパースの魅力を3つ紹介します。

おむつ替えがしやすい

一番の魅力は、スナップボタンを外すだけで手早くおむつ替えができる点です。何度もおむつ替えをする新生児期からトイレトレーニングが本格的にはじまる2歳頃までは、ロンパースが大活躍します。わざわざ服を脱がせる必要がないため、冬でも体が冷えにくくママやパパにとっては安心できるアイテムです。

肌着としても使える

ロンパースのほとんどは、デリケートな肌の赤ちゃんに肌着として着せられるコットン100%です。長肌着やコンビ肌着は裾が長くカバーオールやズボンの中でもたつきやすいため、月齢が上がると出番が減ります。一方、ショート丈のロンパースなら「寒い季節は肌着として」「暑い日はロンパース1枚で」など、季節を通してさまざまな用途に使えます。

おなかが出ない

トップスとボトムスがつながっているロンパースは、抱っこしたり赤ちゃんがハイハイしたりしてもおなかが出ません。冷え対策になるため、2歳頃までパジャマ代わりにロンパースを着せるママ・パパもいます。ただし、ロンパースのサイズは50~90前後が一般的です。体が大きくなってボタンがしにくくなったらロンパースは卒業です。

月齢別のロンパースの選び方

ロンパースには前開きタイプとかぶって着るタイプがあり、月齢によって着せやすいタイプが異なります。ここでは、月齢別の選び方を解説します。

新生児期~3カ月頃

個人差はあるものの、赤ちゃんの首がすわる時期は通常3カ月から4カ月頃です。首がすわるまでは寝かせた状態で着替えさせる必要があるため、前を全開にできる衣類を選びましょう。かぶるタイプは首がすわらないと着せにくく、赤ちゃんの負担にもなります。

ロンパースやカバーオールには、ボタンを付け替えるとドレス状にもズボン状にもなる2WAYタイプと呼ばれるデザインがあります。おむつ替えが多い新生児のうちはドレス状にして着せて、動きが活発になったらズボン状にできるため、長く使えて経済的です。

4カ月頃~2歳頃まで

赤ちゃんの首がすわったら、かぶせて着せるTシャツタイプも着せられます。特におすわりができるようになると、スナップボタンの数が少ないTシャツタイプのほうが着替えに手間がかかりません。

着せ方はデザインによっても異なりますが、一般的には下記のいずれかになるでしょう。

・股と首周りのスナップボタンを外して上からかぶせる

・首周りのスナップボタンだけを外して足からはかせる

赤ちゃんを後ろ向きに座らせて支えながら着せると姿勢が安定しやすく、赤ちゃんも親も安心です。嫌がるようであれば、寝かせたまま着せてあげましょう。

つかまり立ちや歩行がはじまると着替え中もじっとしていないため、セパレートタイプのほうが着替えやおむつ替えが楽です。日中はセパレートタイプ、夜中はおなかが冷えないロンパースと使い分ける方法もおすすめです。

ロンパースのサイズの選び方

1

ベビー服・子供服のサイズは身長を意味します。サイズ80なら身長80cm用です。月齢ごとのサイズの目安は以下のとおりです。

  • 新生児~3カ月:50cm
  • 3カ月~5カ月:60cm
  • 5カ月~12カ月:70cm
  • 12カ月~1歳半:80cm
  • 1歳半~2歳:90cm

赤ちゃんは成長が早くベビー服は短い期間しか着られませんが、自由に動けるジャストサイズを選びましょう。サイズが大きいと動きにくいだけでなく、吸水性・保温性も下がります。赤ちゃんは体温調節機能が未熟ですが、暑い・寒いを伝えられません。肌の状態をこまめにチェックして、快適に過ごせるよう配慮してあげてください。

【春夏秋冬】ロンパースのおすすめコーディネート

ロンパースのおすすめコーディネートを季節ごとに紹介します。

春の基本は、「肌着+ロンパース+羽織物」です。気温の変化が大きいため、半袖と長袖の肌着で調節しましょう。暖かい室内なら肌着とロンパース1枚でも十分ですが、外出時はカーディガンなど羽織れるものを持ち歩くと安心です。

月齢が低いうちは、さっと羽織れて袖を通す必要がないポンチョもおすすめです。おめかしするときは、ショート丈のロンパースにズボンやスカート、かぼちゃパンツを重ねてもいいでしょう。タイツやレギンス、ロングサロペットなどをあわせると足が冷えません。

暑い夏の基本は、1枚で着られる半袖やノースリーブのロンパースです。冷房が効いた室内では半袖の肌着を着せるなどして調節しましょう。冷え対策をしたいときは、肌触りが良いカーゼのおくるみや夏用の靴下も便利です。また、外出時は紫外線・熱中症対策ができる帽子が欠かせません。

赤ちゃんはもともと汗っかきですが、夏は特に多くの汗をかきます。着替えと洗濯の頻度も増えるため、コットン100%で通気性・吸水性が高く乾きやすい薄手のロンパースを選びましょう。背中がメッシュになった商品もあります。汗をかいたときは、こまめに交換しましょう。

秋の基本は、「肌着+長袖ロンパース+羽織物+靴下」です。春と同様に気温の変化が大きいため、ロンパースの素材や肌着、羽織物で調節します。冷える日は靴下を履かせましょう。つかまり立ちや歩行ができるようになった赤ちゃんには、滑り止めが付いた靴下が向いています。

赤ちゃんの衣類はコットンが基本ですが、織り方によって名称や機能が変わってきます。秋の肌寒い日には裏側を起毛させたスウェット地や、タオルにも使われるパイル地がおすすめです。年齢が上がればトレーナーも着られますが、ひも付きの衣類は避けましょう。

冬の基本は、「長袖肌着+長袖ロンパース+靴下」です。足元まですっぽり覆えるカバーオールを重ねてもいいでしょう。寒い日の外出時はダウンジャケットやポンチョ、タイツ、ズボンなどで防寒します。ニット帽は冬ならではのアイテムですが、チクチクしない素材を選びましょう。靴下の代わりにレッグウォーマーを取り入れるとコーディネートの幅が広がります。

ただし、厚着させすぎると汗をかいて、かえって風邪をひきやすくなります。ヒートテックは大人にとっては冬の強い味方ではありますが、化学繊維のため赤ちゃんには向きません。また、首が絞まるおそれがあるマフラーも危険です。

冠婚葬祭にはセレモニーロンパース

20661409

⇒『タキシード風長袖カバーオール』を今すぐ見る

結婚式にお呼ばれしたときなどには、赤ちゃんにも晴れの場にふさわしい洋服を着せたいと思う人もいるでしょう。ロンパースには、冠婚葬祭向けのデザインもそろっています。スーツ風・タキシード風・はかま風などのデザインや、フリルやレースが付いたドレス風のロンパースもあります。

通夜や葬儀に参列する場合は、黒や紺、グレーなど落ち着いた色合いのロンパースを選べばマナー違反にはなりません。

出産後の退院時にセレモニードレスを用意する人も増えています。セレモニードレスは白が基本で、性別に関係なく着られます。妊娠中に手作りしても楽しいでしょう。

ただし、レースやリボン、刺しゅうには化学繊維が使われているケースがあるため注意が必要です。デリケートな赤ちゃんの肌は少しの刺激にも反応します。あくまでも赤ちゃんの着心地を最優先にしてあげてください。

セパレートタイプはいつから着られる?

セパレートタイプの服を着せられるのは、首がすわった後です。ロンパースにもかわいいデザインはありますが、セパレートタイプが着られるとコーディネートの幅が一段と広がって洋服選びが楽しくなります。

一方、慣れないと着替えがスムーズにできない場合もあるでしょう。おすわりができる7カ月前後になれば、セパレートタイプの着替えも楽になります。

ただし、スカートはハイハイ期の赤ちゃんには向きません。動きにくく、裾を踏んでけがをするおそれがあるためです。保育園では通常、スカートの着用を禁じています。

特別の事情がない限り、急いでセパレートタイプに切り替える必要はなく、月齢が低い赤ちゃんの普段着にはロンパースがおすすめです。特別な外出時にのみセパレートタイプを着せるなど、上手に使い分けましょう。

保育園ではロンパースがNGな場合も

保育園で着る衣類には決まりがあり、ロンパースが禁止されているケースも少なくありません。衣類が汚れると保育士が着替えさせますが、ロンパースは上下とも脱がせる必要があり、ボタンも多く手間がかかるためです。

歩ける赤ちゃんが増える1歳クラスでは、通常セパレートタイプを指定されます。基本スタイルは、「肌着+Tシャツ+ズボン」です。2歳前後でトイレトレーニングがはじまると、肌着としてのロンパースが禁止されるケースも多くみられます。保育園を利用する予定がある人は、大きいサイズのロンパースを買わずに様子をみたほうがいいでしょう。

まとめ

ロンパースとは、トップスとボトムスがつながっていて、肌着とアウターの両方に使えるベビー服です。新生児から2歳頃まで着られるうえに、肌着や上着などで調節すればオールシーズン使えます。赤ちゃんの成長にあわせて、前開きタイプとかぶりタイプを上手に使い分けましょう。

赤ちゃんらしいシルエットが特徴のロンパースが着られる時期は、ごくわずかです。1歳を過ぎれば、お兄さん・お姉さんらしいセパレートタイプを着る機会が増えます。貴重な時間を楽しみながら、ロンパースのさまざまなコーディネートにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

17 May

小学校入学式の子供服の選び方。男の子・女の子おすすめの服装も解説! 【保存版】小学校入学式の子供服の選び方を解説!男の子・女の子おすすめの服装は?

小学校入学式の子供服の選び方。男の子・女の子おすすめの服装も解説!

まだまだ幼いと思っていた我が子も、いつの間にかもうすぐ小学生。子どもの成長をうれしく思う一方で、入学前の時期は「ラン活」や学用品の準備に大忙しになります。

なかでも選び方に迷ってしまうのが入学式の服装です。おしゃれで素敵な服を用意してあげたいものですが、「周りから浮いてしまわないか」と心配になってしまう人も多いでしょう。

そこで、男の子・女の子におすすめの入学式の服装をご紹介します。靴や髪型についてもまとめているので、トータルコーデを考えるときの参考にしてください。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、子供服・ベビー服について豊富なバリエーションで販売しています。子供服・ベビー服をお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒子供服の通販 chil2を今すぐ見に行く

どうする?入学式の子供服の選び方

小学校入学式の子供服の選び方を解説!男の子・女の子おすすめの服装は?

 

上に姉や兄がいれば過去の入学式の雰囲気で服装を決めることができますが、第一子だとそうはいきません。そういうときは周囲からの情報収集が鍵になります。インターネットで調べるといろいろな情報がでてきますが、地域によって特色が異なる場合があります。

例えば、明るめのカラーは避けてシックにまとめるのが暗黙のルールという私立小学校もあるようです。周りから浮かないためにも、まずは情報収集をしましょう。ここからはどのように情報を集めるべきかについて紹介します。

過去の入学式を知っている人に聞く

一番確実なのがその学校の入学式を知っている人に聞くことです。子どもの同級生のママのなかにも兄弟がすでにその学校にいて入学式出席したことがある人もいるはずです。その人に聞けば、地域のルールや雰囲気などをつかむことができるでしょう。

ほかにも、その学校の卒業生や習い事のコミュニティ、よくその学校を知っているご近所さんから情報をゲットすることもできます。なかでも有力な情報を得られる可能性が高いのが近所の洋服店の店員さんです。「いつもどんなスーツが売れていますか?」と聞くと色々な情報を教えてくれるはずです。コネをフルに活用してみましょう。

お目当ての学校がある人は前年に見に行っても◎

もし、お目当ての学校があったり入学する学校が決まっていたりする場合は、前年に入学式を見にいくのもおすすめです。最近ではセキュリティが厳しく式場に入れないことが多いかもしれませんが、入学式に向かう子どもや入学式から帰ってくる子どもを見ると参考になります。

入学式の雰囲気はその年々で変わっていくことも多く、ひと昔前の入学式の情報だと実際と異なる部分があるかもしれません。前年の様子であれば基本的に大きく変わることはないので、確実な情報だといえるでしょう。

実際に新一年生の姿を見ることでイメージしやすくなり、スーツだけではなく髪型など参考にできます。同時に、パパやママの服装もチェックできるので一石二鳥でしょう。

女の子の入学式の服装おすすめ

せっかくの入学式なので、可愛くておしゃれな服装をさせてあげたいという女の子のママも多いことでしょう。最近ではさまざまなブランドからおしゃれな入学式用のスーツやワンピースが発売されているので迷ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、まず鉄則はスーツ選びの前に、学校の指定をチェックすることです。ルール違反は周囲から浮いてしまったり学校に迷惑がかかってしまったりすることがあるので、避けるのが無難です。指定がなければ「子どもが好きか、子どもに似合うか」を軸に決めていきましょう。ブラックやネイビー、グレーといったカラーだとよりフォーマルな感じは出ますが、卒園式と違って入学式の服装ではやや華やかなカラーや柄ものなども選ばれています。

そして、見た目だけではなく動きやすさも大切です。入学式当日は、写真撮影や教室移動などがあったり、じっと座って先生のお話を聞かないといけなかったりするシーンもあります。また、慣れないランドセルの重さに疲れてしまうことも考えられるので、窮屈さのないゆとりのある服装にしたほうがストレスなく過ごせるでしょう。

人気なのはワンピース

女の子に圧倒的に人気なのがワンピースです。ワンピースを使ったコーデもさまざまで、ボレロやジャケットと組み合わせたアンサンブルセットが定番です。暖かければノースリーブのワンピースの下にブラウスを着たコーデも軽やかでおすすめです。

入学式のある4月は、服装が特に難しい時期です。暖かい日が続いたと思ったら、雨が降ってぐっと気温が下がってしまうこともあります。そのため、ワンピースのセットアップを用意しておけば気温に合わせてコーディネートをチェンジできるでしょう。寒い日なら「ワンピース+ブラウス+ジャケット」、暖かい日なら「ワンピース+ブラウス」という感じに変えれば、子どもも快適に過ごせます。

ブラウス+スカート+ジャケットセットも

王道の入学式コーデといえば、「スカート+ブラウス+ジャケット」のセットです。きちんと感がでるので、上品に仕上げたいときにおすすめのコーデです。少し華やかさをプラスしたいなら、ブラウスのデザインにこだわってみましょう。襟元にリボンを結ぶデザインなら、正面から写真を撮ったときにも華やかです。

ジャケットを着ることが前提の場合は、ブラウスの袖のボリュームに注意しましょう。ふんわりとしたバルーンスリーブも可愛いですが、ボリュームがありすぎるとジャケットが窮屈に感じてしまう可能性があります。入学式の間も動きやすいように、袖はスリムなデザインがおすすめです。

男の子の入学式の服装おすすめ

男の子の場合はスーツスタイルがおすすめです。大人になると幾度と着ることになるスーツですが、入学式の今だからこそ、子どもに似合う特別なスーツを選んであげましょう。周りと差がつけにくいと思われがちなスーツですが、ポイントを押さえるだけでぐっと垢抜けた印象になります。

スーツスタイルが定番

男の子の場合も、まずは学校の指定を確認するのが鉄則です。指定がなければ、好きなスーツを選んでいきます。定番はスーツスタイルで、ジャケットのカラーは基本的に黒や濃紺などの落ち着いた色が主流になります。女の子ほどカラーバリエーションやデザインに差はなく、スーツスタイル自体にはそれほど違いが出るものではありません。

しかしせっかくのハレの日、周りの子と差をつけてあげたいという人も多いでしょう。その場合は、ネクタイやシャツの色合いをカラフルなものにしてみたり、おしゃれな靴下を選んでみたりするのも1つの手です。また、ネクタイor蝶ネクタイで雰囲気を変えてみてもよいでしょう。

ハーフパンツorロングパンツ?

男の子の入学式といえばハーフパンツが多数派ですが、最近ではロングパンツのスーツセットにも人気が集まっています。入学式のスーツを選ぶときのパンツの長さは、お子さんやご両親の好みに合わせて問題ありません。ハーフパンツの魅力は何といっても子どもらしさで、元気いっぱいのハーフパンツコーデは子どもの今だからこそ、可愛い組み合わせです。

反対にロングパンツは、大人っぽくスタイリッシュな印象に仕上がります。脚長効果で写真映えも抜群でしょう。まだまだ少数派ということもあり、式典中に我が子を探しやすいというメリットもあります。

入学式に履く靴はどうする?

入学式に履く靴はどうする?

入学式に履く靴は、フォーマルシューズを用意する家庭と、スニーカーで済ませる家庭の両方あります。地域差や学校のカラーにもよるので、前述のように在学生のママなどに聞いておくと確実でしょう。せっかくのハレの日なのに靴が汚れていたりしたら残念なのでお手入れは入念にしておきます。

そして、靴下のチェックも忘れずにしておきましょう。家にある白い靴下で済ませようとしたら汚れていた…ということも多いので事前に確認することが大切です。

髪型にも気を配って

男の子も女の子もきっちりした服装のときは、それに合わせた髪型にしましょう。なかには子どものために美容院を予約しているママもいますが、寝癖を直して整えてヘアアクセサリーをつければ十分華やかになります。

ただし、ヘアアクセサリーのつけ過ぎには注意が必要です。頭の高い位置に大きいヘアアクセサリーをつけてしまうと、写真を撮ったり席に着いたりするときに後ろの子が見えなくなってしまう可能性があります。また、入学式に通学帽子のサイズ合わせがある小学校もあるので、取り外しが簡単なヘアアクセサリーや、帽子が被れるぐらいのヘアアレンジにしておくと、最後まで髪型が崩れず安心です。

素敵な服装でハレの日をお祝いしよう

入学式の服装は迷うことも多いですが、周りの人に聞いたり、入学式の様子を外から見てみたりすると雰囲気を知ることができます。入学説明会や学校からのお知らせで入学式の服装ルールがないようであれば、子どもと一緒に好きなスーツを選びましょう。

一生に一度の小学校の入学式ですから、ぜひ服装選びも楽しんでみてください。

21 January

夏の服装の注意点 赤ちゃん・新生児の夏服の種類と着せ方を解説!寝るときの服装は?

夏の服装の注意点

夏生まれの赤ちゃんには、暑さ対策のために、涼しく過ごせる服を選ぶことが大切です。しかしエアコンが効いている室内では、半袖短パンのように手や足を出している服装では、大人以上に体を冷やしてしまいます。
そこでこの記事では、新生児や赤ちゃんの夏服の種類と着せ方、寝るときや外出時の服装、体温調節をするためのポイントなどについてご紹介します。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、子供服・ベビー服について豊富なバリエーションで販売しています。子供服・ベビー服をお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒子供服の通販 chil2を今すぐ見に行く

赤ちゃんに適した夏服の種類

赤ちゃん夏服パターン

赤ちゃんは、小さい体に大人と同じ数の汗腺があるため、たくさんの汗をかきます。そして、まだ体温を調節する機能が十分ではなく、外気温に体温が影響されやすくなっています。

特に暑い夏は汗をかきやすく、あせもなどの湿疹もおこりやすくなるため、できるだけ快適にすごせるような通気性に優れた衣服を選ぶことが大切です。

赤ちゃんの「暑い」「寒い」というサインを赤ちゃんの肌を触ることによって感じ取り、衣服で調節してあげましょう。

短肌着+コンビ肌着

エアコンが効いている部屋で過ごしている時は、短肌着の上にコンビ肌着を着せてあげるのが一般的です。新生児や赤ちゃんが室内で過ごすときは、夏場なら肌着のみで十分です。

赤ちゃんの肌着の記事はこちら

チルドレン通信の赤ちゃんの肌着

短肌着+2WAYオール(カバーオール)

お出かけの時や来客があるときなどには、デザインや色が豊富なカバーオールや2WAYオールなら、おしゃれも楽しめます。2WAYオールは長い期間着用できるので、新生児から買っておくと便利に使えます。

チルドレン通信の2WAYオール

ロンパース

足をバタバタさせるようになったら、夏ならロンパース1枚でも大丈夫です。赤ちゃんの足が動いてもおなかがはだけず、おむつの交換も簡単にできます。

チルドレン通信のロンパース

ガバーオールとロンパースの違いはの記事はこちら

用意しておきたい服の枚数

寝ているだけでも、この時期の赤ちゃんはよく汗をかきます。1日に数回お着替えができるように、枚数は多めに用意しておくと安心です。
用意しておきたい服の枚数の目安は次のとおりです。

種類 枚数
短肌着 5~6枚
コンビ肌着 5~6枚
ロンパース(ボディスーツ) 2~3枚
2WAYオール(カバーオール) 1~2枚

赤ちゃんに夜寝るときのパジャマは不要

新生児から3カ月ごろまでの赤ちゃんは、「寝ているのが仕事」とも表現されるくらい、日中もよく寝ています。したがって、夜寝るときのパジャマも、特別なものを用意する必要はありません。昼間と同じ肌着を夜も着用すれば十分です。

赤ちゃん向きの夏の素材

まだ肌が弱い赤ちゃんの夏服には、綿100%で、通気性や吸水性の高い素材を選んであげましょう。
なお、同じ綿100%であっても、編み方によって生地の名前が異なり、次のような特徴の違いが生まれます。夏生まれの赤ちゃんには、特に通気性のよいガーゼや天竺がおすすめです。

生地 特徴
ガーゼ

 

平編みの生地

吸水性、通気性にすぐれている

やわらかく肌触りが良い

ふんわりと軽い

フライス 編み生地

伸縮性が高い

やわらかな手触り

オールシーズン向き

天竺(てんじく) 平編みの生地

通気性にすぐれている

横方向への伸縮性が高い

乾きやすい

夏の服装で注意すること

肌が弱い赤ちゃんにとって、汗をそのままにしておくことは肌トラブルを引き起こす原因になります。暑い夏は特に以下の2点に気をつけましょう。

汗をかいていないかこまめに確認する

赤ちゃんが汗をかいたままにしておくと、あせもなどの皮膚炎を引き起こしてしまいます。こまめに赤ちゃんの肌に触り、汗ばんでいたら着替えをしてあげましょう。
また、汗とりパットを背中に入れておくと、着替えさせなくてもパットを引き抜くだけですむので、おすすめです。パットがなくても、ガーゼなどを背中にいれておくだけでも効果があります。

汗取りパットはこちらから

スタイはこまめに取り換える

ミルクをげっぷでこぼしたり、よだれをたらしたりする赤ちゃんには、スタイが欠かせません。ところが、暑い夏の季節にスタイをし続けると、それが原因であせもができてしまうこともあります。スタイはこまめに取り換えるとともに、寝ている時はなるべくはずすことを心がけましょう。

スタイ各種はこちらから

夏の外出時の服の着せ方

赤ちゃんは健診や予防接種などで、意外とお出かけをする機会が多くあります。そのようなときは、室内にいるとき以上に、赤ちゃんに対して注意してあげたいことがあります。

紫外線から守るために肌を衣服で覆う

大人なら暑い夏は半袖になりますが、赤ちゃんには短肌着のうえから薄手の2WAYオールなどを着せて、肌を足元まで覆ってあげましょう。暑いように思われるかもしれませんが、赤ちゃんの肌は大人より薄く、紫外線から肌を守る必要があるのです。

ベビーカーの時はシェードを被せて日除けし、抱っこひもの場合は直接日が当たらないように、薄地のおくるみなどでやさしく覆ってあげれば安心です。

冷房から守るために薄手の衣類やおくるみを持参する

真夏のスーパーやショッピングモールなどは、大人にとっては心地よい涼しさでも、赤ちゃんにとっては冷えすぎていることがよくあります。

体温調節機能がまだ整っていない赤ちゃんを守るために、上から羽織れるような薄手の上着やガーゼタイプのおくるみなどを持参しておくと対応できます。

ガーゼのおくるみはこちらから

汗をかいたらこまめに着替えさせてあげましょう

赤ちゃんは自分の口で自分の気持ちを説明できません。ママやパパなど、周りにいる大人が赤ちゃんの気持ちを常に察して、快適に過ごせるように工夫してあげましょう。

06 January

ワンピースを着せたい 赤ちゃんのボディ肌着の着せ方・着こなし方を解説!

ワンピースを着せたい

待望の出産を控えていたり子育てをしていたりするときに、あかちゃんの服を選んで買い揃えるのは幸せな時間です。赤ちゃんの健康で可愛い姿が見たくて準備を楽しむ人が多いでしょう。しかし、初めて育児を経験する場合は、赤ちゃんにはどのようなボディ肌着を準備しておけばよいのかわからないという人もいます。

デザインや素材、種類などさまざまな要素があり選ぶのに困ってしまうことがあるでしょう。自分にとって使いやすく、赤ちゃんにとっても着心地のよいものを準備しておきたいものです。ボディ肌着の選び方のコツを覚えておけば、スムーズに買い物をすることができます。

そこで今回の記事では、赤ちゃんのボディ肌着の特徴や種類を始め、着せ方や着こなし方を解説します。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、カバーオール・ロンパースについて豊富なバリエーションで販売しています。カバーオール・ロンパースについてお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒チルドレン通信のカバーオール・ロンパースを今すぐ見に行く

赤ちゃんのボディ肌着とは?

赤ちゃんのボディ肌着とは?

ボディ肌着はお店の売り場によっては「ボディ」と省略して呼ばれることもあります。メーカーによっては、「ボディシャツ」や「ボディスーツ」、または「グレコ」という場合もあるでしょう。ボディ肌着とその他の肌着の違いは、上下が繋がっているところです。

また、ボディ肌着はお尻がすっぽりと覆われる形になり、お股の部分がスナップボタンで開閉できるようになっています。ボディスーツの仕様によって着る時期が異なります。主に新生児から2歳頃まで、サイズがあれば着用することができます。

赤ちゃんのボディ肌着の特徴と種類を解説

ボディ肌着には大きく3つの種類があります。

「かぶり式ボディ」は、頭からすっぽりとかぶるタイプです。

着脱しやすいように首や腰がすわってからの着用が適しており、2歳頃まで着ることができます。

肌着でもデザインの可愛いものもあり、夏場の室内など暑い環境ではかぶり式ボディ1枚で過ごすことができるでしょう。

「前開きボディ」は、月齢の低い新生児から着用できます。

スナップボタンや紐で前の開閉がしやすくなっているので、ねんねしたままで着脱できます。

「見せかけボディ」は一見するとセパレートのトップスに見えるボディ肌着で、ボトムスと合わせた際にトップスの裾部分を出すことができるので、おしゃれに見えるでしょう。お腹やお尻はすっぽり隠れているので安心です。外出時などちょっとおめかししたい場合に向いています。

赤ちゃんのボディ肌着とその他の肌着の違いとは?

あかちゃんの肌着には、大きく分けて「短肌着」、「長肌着」、「コンビ肌着」、そして今回ご紹介している「ボディ肌着」があります。生まれる季節やあかちゃんの成長段階によって適する肌着が変わってくるのでうまく使い分けるのが大切です。

短肌着は、腰までの丈であかちゃんの汗を吸収する素材で作られます。紐で開け閉めするタイプが一般的です。さらに上から丈の長い衣服を重ねて着用します。

この丈が長くなったものを長肌着といい、スカート型になっています。

自分で足を動かすことが少ない新生児に向いています。また、コンビ肌着は、長肌着と同じように丈が長いものですが、股の部分をスナップボタンで開閉できるようになっているものです。

足をバタバタと頻繁に動かすようになってきてからおすすめのタイプです。

ボディ肌着はこれらと違ってお尻がすっぽりと隠れる形状になっています。上下がくっついており、お尻の部分がフィットしているのが特徴といえるでしょう。

⇒短肌着や長肌着についての記事はこちら

赤ちゃんのボディ肌着の役割と着る時期

ボディ肌着の役割は、その名の通り肌着として洋服の下に着用し、汗を吸い取ります。通気性のよい素材を使って、あかちゃんが汗をかいても冷えないように調節する役割を担います。

そして、ボディ肌着の特徴としてお尻とお腹をすっぽりと包み込む形状があります。

これにより、お腹が露出して冷えるのを防いでくれるでしょう。また、ボディ肌着は見た目も可愛いことが多く、おしゃれアイテムとしても大活躍します。

外出などで可愛く見せたいけれどまだ小さいという場合も、ボディ肌着で可愛く着飾ることが可能です。

前述の通り、ボディ肌着の中にもさまざまな種類があるため、新生児から首や腰がすわった後の2歳頃まで、サイズがあれば着用することができます。

ボディ肌着はどんなものを選べばいい?

12720481

⇒『アルトタスカル/長袖ロンパース肌着(かぶり)』を今すぐ見る

ボディ肌着を選ぶには、いくつかコツがあるので確認しておきましょう。ボディ肌着は、汗を吸収してあかちゃんの体温調節を助ける働きをします。

そのため、素材にこだわってコットン100%のものを選ぶことが大切です。

オーガニック素材のものがあれば、より安心でしょう。化学繊維で作られた肌着は安価なものもありますが、あかちゃんの肌には負担がかかる場合があります。素材には十分気を付けましょう。

ボディ肌着は新生児から2歳頃まで幅広い年齢で着ることができますが、お尻がすっぽり隠れる形状をしているため、サイズにあったものを選ぶことも重要です。成長には個人差があります。

体のサイズに合わせて、サイズアウトしたらその都度買い替えてあげましょう。健康診断で測る身長を目安にすることもできます。

また、赤ちゃんはミルクや母乳を吐いてしまったり、汗をかいたり、排泄物で肌着を汚してしまったりすることが多々あります。洗い替えを考慮して、少なくとも3枚から4枚は持っておくと便利です。

ボディ肌着は形や色、モチーフが可愛いものが多いため、柄や色違いで数枚買っておき、その日の気分に合わせて選んでも楽しいでしょう。

赤ちゃんのボディ肌着の着せ方

赤ちゃんのボディ肌着の着せ方

ボディ肌着の着せ方は、赤ちゃんの成長度合いによって変わります。首がすわる前の、生まれて間もないあかちゃんは、寝たまま着替えさせます。まずは平らなところに前開きタイプのボディ肌着を開いて置きます。

その上に洋服を着せる場合は、洋服の上に重ねて肌着を置きましょう。肌着の上にあかちゃんをのせ、袖口にママの手を通しておきます。赤ちゃんの手を肩口から通し、ママの手で掴んで袖口から通してあげましょう。スナップボタンや紐でしっかり結びます。その上に洋服がある場合は、洋服のボタンを留めて完了です。

首がすわっており、かぶり式のボディ肌着を着用できる場合は、ママが抱っこしたままでも寝かせたままでも着せることができます。着せる前に股や肩のスナップボタンを全部外しておきましょう。

赤ちゃんの首をしっかりと支えて、Tシャツを着せるように頭からかぶせます。頭が通ったら、肌着の前後が合っているか確認し、降ろしていきます。袖口からママの手を入れて、内側からあかちゃんの手を通してあげます。身頃を整え、肩や股下のスナップボタンを留めたら着替え終了です。

ボディ肌着の着こなしは?

ボディ肌着は重ね着コーディネートで簡単に色々なパターンを楽しめる肌着です。例えば、ロンパースには肌着よりも見た目を重視して作られているものが多く、より可愛いデザインが豊富に揃っています。下にボディ肌着を着ていれば、お腹が出て冷えてしまう心配がありません。

また、下にかぼちゃパンツやブルマを追加しても、コーディネートを楽しめるでしょう。少し大きくなったら、チュニックやスパッツ、ワンピースなどを重ねても可愛く見えます。

寒い時期のボディ肌着の着せ方は?

ボディ肌着はそれ自体のデザインが可愛いものがたくさん出回っており、夏場は洋服を合わせずに肌着一枚でも過ごせます。外出時や冷える時期には上から温かい洋服を重ねてきるとよいでしょう。

例えば、長袖長ズボンが一体となっているカバーオールがあります。それでも寒そうな場合は、さらにベストやセーター、カーディガンなどの上着を着ると安心です。外で遊ばせる場合は、防寒用のジャケットや帽子、靴下、手袋などを揃えておく必要があります。

赤ちゃんのボディ肌着の着せ方・着こなし方解説まとめ

ちゃんのボディ肌着の着せ方・着こなし方解説まとめ

今回は、赤ちゃんのボディ肌着の特徴や種類、着せ方などをご紹介しました。ボディ肌着は寒さ対策やおしゃれで重ね着コーディネートが簡単にできる便利なアイテムです。チュニックなどの上着やブルマやレギンスなどと合わせることができ、色々な着こなしを楽しむことができるでしょう。

子供服・ベビー服通販の「ちるどれんつうしん」では、赤ちゃん用の可愛い服がたくさんあります。赤ちゃんのことを考えてオーガニック素材を使用している肌着も手に入ります。

セット販売もしているので、よく使う肌着をまとめて買ったり出産のお祝いとして贈ったりするのにも便利です。赤ちゃんのボディ肌着を購入する場合は、是非「ちるどれんつうしん」で探してみてください。

18 December

カバーオールとロンパースの違い・着せ方を解説!いつからいつまで着せるべき?


赤ちゃんの成長は早く、成長段階に合わせて肌着や服のタイプも変えていく必要があります。

しかし、カバーオールやロンパースなど名前を聞いただけでは違いがよくわからないというママの声もよく聞かれます。

そこで、今回はカバーオールとロンパースの違いや着せ方、着せる期間などについて解説していきましょう。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、カバーオール・ロンパースについて豊富なバリエーションで販売しています。カバーオール・ロンパースについてお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒チルドレン通信のカバーオール・ロンパースを今すぐ見に行く

カバーオールとロンパースの違いは肌着として着られるかどうか

カバーオールとロンパースの違いを解説する前に、まずは共通点をあげてみましょう。

  • つなぎタイプでお腹を冷えから守ってくれる
  • 袖口や裾にゴムが入っているタイプが多い
  • 股下はボタンで留める
  • 前はボタンで開くか、頭から被るタイプ
  • サイズ展開は50〜80が一般的

サイズ展開からみると、生後2〜3ヵ月から1歳ごろまでの赤ちゃんに適しているとわかります。では、2つの違いはどのようなものなのでしょうか。

カバーオールは肌着の上に着るもの

カバーオールは「全て(オール)カバーする」という意味通り、首から足まですっぽり覆うもので、冬など寒い時期向けに足元・足先をカバーするタイプもあります。

海外の製品に多くある足先まで覆ってくれるタイプは、靴下を嫌がる赤ちゃんにもおすすめです。自分で靴下を脱いでしまう赤ちゃんや、気付かぬうちに脱げてしまうこともあるでしょう。気がついたら靴下がなくなってしまったということも避けられます。

カバーオールは長袖・長ズボンが一般的ですが、暑い時期向けに半袖や袖なしタイプも販売されています。肌着の上に着るもので、外出着としても使えます。

股下ボタンですから、ねんね期の赤ちゃんでもおむつ替えが楽です。洋服として着るので、かわいいデザインを選ぶ楽しみもあるでしょう。

ロンパースは肌着としても着られる

サンプル画像

⇒この商品の詳細・購入はこちら

ロンパースは、袖は半袖かノースリーブ、ズボンはブルマか短パンなどで足は覆いません。肌着としても着用できるものが多いため、夏はロンパース1枚が基本で、冷房が効いた室内などは上に重ね着させるのがおすすめです。

冬はロンパースを肌着代わりにして、上からカバーオールを着せてあげましょう。暖房が効いた室内など暑い時はカバーオールを脱がして、ロンパースの上にカーディガンなどを羽織らせてあげるなど、暑さ寒さの調節にも便利です。

被りタイプのロンパースは首が座ってから(生後4ヵ月以降)がおすすめです。お座りやつかまり立ちができるようになってからも脱ぎ着しやすいので、大きめサイズを用意しておくと長く着られます。

カバーオールの着せ方は赤ちゃんの成長段階によって変わる

カバーオールの着せ方

⇒この商品の詳細・購入はこちら

カバーオールの着せ方は、赤ちゃんの成長段階によって変わります。

ねんね期の頃は、被りタイプよりも前開きタイプがおすすめです。ボタンを全部外して開いた中に肌着も開いて重ねておくと、腕や脚を通すのがまとめてできるので便利です。

首が座ってきたら、赤ちゃんを後ろ抱っこして膝の上にのせながら着替えさせるのがおすすめです。次のような手順で着替えさせましょう。

  1. カバーオールはボタンを全て外しておく
  2. 後ろから赤ちゃんを抱っこして、膝の上に座らせる(または寝かせる)
  3. 脚を片方ずつカバーオールに入れていく。ウェアをたくしあげて、足の先までしっかり入れる。
  4. 反対の足も同様に袖口からママの手を入れ、内側から入れた赤ちゃんの手を持って袖口まで優しく誘導する
  5. 両方の腕を袖に通したら、スナップを留める

赤ちゃんが飽きてきたら、おててはこっちだよ〜など話しかけながら着せていきましょう。ぐずり始めたら、ねんねの体勢にするのにも後ろ抱っこなら簡単です。

つかまり立ちをするようになったら上下服にシフトするのがおすすめ

ずり這いやハイハイ時期は、特にお腹がめくれやすいので、ロンパースやカバーオールなどつなぎタイプの服がおすすめです。おむつ替えの時も股下ボタンが便利です。

しかし、つかまり立ちをする頃になったら上下服にシフトすることをおすすめします。その頃にはおむつ替えのときも大人しく寝ていてくれず、お尻を拭く際につなぎタイプのロンパースやカバーオールでは、汚れがつきやすくなるからです。

カバーオール・ロンパースはねんね期からハイハイ期の赤ちゃん向け

カバーオール・ロンパース

⇒この商品の詳細・購入はこちら

カバーオールとロンパースは、ねんね期からハイハイ期までの赤ちゃんのお着替えやおむつ替えに便利なベビー服です。カバーオールは肌着の上に着るもので、ロンパースは肌着と兼用できるため、夏などにはそれ1枚で過ごせます。

どちらも股下ボタンや、お腹の部分がめくれて冷えないようにつなぎタイプになっています。着せるときは後ろ抱っこで膝の上がおすすめです。

赤ちゃんがつかまり立ちをするようになったら、お着替えやおむつ替えも立ったまま行うケースが増えますので、カバーオールやロンパースからシャツとズボンなど上下が分かれている服へのシフトをおすすめします。

18 December

赤ちゃんの冬服 赤ちゃんの冬の服装は?服装選びのポイントや新生児に必要な冬服とは

赤ちゃんの冬服

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、カバーオール・ロンパースについて豊富なバリエーションで販売しています。カバーオール・ロンパースについてお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒チルドレン通信のカバーオール・ロンパースを今すぐ見に行く

赤ちゃんに着せる冬服の枚数やお出かけ時の服装など、赤ちゃんの冬の服装選びは気になることがたくさんあります。

大人と違い体温調節が未熟な赤ちゃんは、大人が服装に気を配ることが大切です。特に冬場は、赤ちゃんの成長と運動量に合わせて過ごしやすい服装を選びましょう。

赤ちゃんの冬服は、肌着・上着・ズボン、さらに体温調節や保温用に帽子やコートなどのアイテムを組み合わせて選びます。

赤ちゃんが冬を温かく快適に過ごせるように、肌着の種類やアイテムの役割を理解しておきましょう。

今回は、「赤ちゃんに着せる冬服の枚数の目安や肌着の種類」に触れながら、「冬服の選び方と着せ方」について紹介します。

赤ちゃんに冬服は何枚着させるべき?

赤ちゃんに着せる冬服の枚数は、月齢や年齢によって異なります。乳児や幼児になっても新生児のころと同じ枚数を着せてしまう方もいますが、成長につれて枚数を調節してあげることが大切です。

 

赤ちゃんは自分から暑さや寒さを伝えられないため、大人が月齢や年齢、気候に合わせて衣類の枚数を調節してあげなければなりません。

  • 月齢や年齢ごとの冬服の枚数目安

・新生児(生後28日以内)…大人と同じ枚数または1枚多め

・生後1~3カ月ごろ…大人と同じくらいの枚数

・生後3カ月以降…大人と同じ枚数または1枚少なめ

 

赤ちゃんの体温は大人に比べて少し高いため、お昼寝やベビーカーに乗っているときにもたくさん汗をかきます。

蒸れや汗をそのままにしておくと、風邪をひいたり肌荒れを起こしたりする原因となるため、こまめな着替えで調整できるよう意識すると良いでしょう。

新生児の肌着の種類を知ろう!

新生児の肌着の種類を知ろう!

新生児の肌着は、前開きタイプや頭からかぶるタイプなど種類がたくさんあります。それぞれの特徴を理解して、必要な肌着を選びましょう。

 

短肌着

短肌着は、丈がお腹くらいまでの短い肌着です。前開きなので寝ている状態でも簡単に着替えさせることができます。

 

長肌着

長肌着は、丈が膝くらいまである筒形の肌着です。半袖と長袖の2種類があります。短肌着と同じように前開きで裾口が開いているので、おむつ替えも簡単です。

 

コンビ肌着

コンビ肌着は、長肌着に似ていますが、裾が2つに分かれています。体を動かすことが増えてくる時期は、裾がはだけないコンビ肌着が便利です。

コンビ服の着せ方・選び方についての記事はこちら

 

ロンパース

ロンパースは、股の部分にスナップボタンがある肌着です。頭からかぶるタイプと前開きできるタイプがあります。

 

カバーオール(ツーウェイオール)

カバーオールは、つま先までカバーできる上下一体の肌着です。股や足の部分にはスナップボタンが付いています。ワンピース型に変形できるツーウェイオールタイプも人気です。

カバーオールとロンパースについての記事はこちら

 

赤ちゃんの冬服で意識するポイントは?

寒さが増すにつれ、「風邪をひかないように」「寒くないように」と、たくさん服を着せてしまう方も少なくありません。

しかし、必要以上に重ね着をさせてしまうと、汗をかいたあとに冷えて風邪をひいてしまうことがあります。衣類の種類や特徴を理解して、必要な枚数を着せるようにしましょう。

 

赤ちゃんが寒くないか心配なときは、手を握ってみることがおすすめです。もし手が冷たい場合は、枚数を増やしたり小物で温かさを調節したりしましょう。

体温調節には、カーディガン・帽子・靴下・レッグウォーマーがおすすめです。また、コート・ポンチョ・おくるみなどがあると体温を保ちやすくなります。

冬用の新生児の肌着や服の着せ方は?

冬の新生児の肌着は、吸湿性と保温性を意識して選びましょう。

 

新生児の肌着は、冬は重ねて着せることがポイントです。服と服の間に隙間があるほうが、保温性が高まります。

 

出産に向けて肌着を準備する場合は、以下の目安枚数を参考にしましょう。

・短肌着…5~7枚

・長肌着やコンビ肌着…4~5枚

 

新生児期は成長が早いため、必要に応じて肌着を買い足すのがおすすめです。

また、赤ちゃんの成長に合わせて、動きやすさと着せやすさも考慮して服装を選びましょう。

新生児~生後8か月頃

ねんね期やハイハイ期は、短肌着・長肌着・コンビ肌着などを組み合わせて着せます。短肌着は吸湿性があり、長肌着やコンビ肌着は保温や体温調節にぴったりです。

 

「短肌着+ロンパースやツーウェイオール」「短肌着+長肌着+ロンパースやツーウェイオール」など、2~3枚を目安に着せます。短肌着と長肌着は、コンビ肌着やボディースーツに代えても良いでしょう。

 

生後8か月~1歳頃

ハイハイ期や1歳頃は、頭からかぶるタイプの肌着・ラップアップ・ボディースーツなどの肌着と、上着とズボンを組み合わせます。動きが活発になってくるので、「脱がせやすい」「着せやすい」ことも服装選びのポイントです。

 

「コンビ肌着やボディースーツ+ロンパース」「コンビ肌着やボディースーツ+トレーナー+ズボン」など、2枚程度を目安に着せると良いでしょう。

赤ちゃんがお出かけするときの冬の服装は?

冬の服装 赤ちゃんがお出かけするときの冬の服装

赤ちゃんの外出時の服装は、肌着・上着・ズボン・靴下・アウターが基本スタイルとなります。さらに、帽子・手袋・靴などの小物を必要に応じて組み合わせましょう。

 

ベビーカーでのお出かけは、レッグウォーマーや毛布のようなひざ掛けがあると寒さ対策ができます。抱っこ紐を使ってお出かけするときは、お母さんの体温を感じられるため、着せすぎに注意しましょう。抱っこ紐を使いながらお母さんが羽織れるママコートを活用するのもおすすめです。

 

商業施設や車内など温かい場所では、汗をかかないように様子を見ながら服装を調節する必要があります。

 

冬を迎える前に、赤ちゃんの冬服は何枚くらい必要かイメージしておきましょう。

 

以下は、準備しておきたい赤ちゃんの冬用上着やアウターの枚数目安です。

  • 上着(ツーウェイオールやカーディガン)…3~4枚
  • アウター(コートやジャンプスーツ)…1~2枚

 

1歳〜2歳の冬のお出かけ用の服装は?

1歳~2歳は、乳児に比べて運動量が多く、よく汗をかきます。1歳~2歳の冬の服装は、基本は大人と同じ枚数を着せ、暑そうにしているときはアウターや上着を減らして調節すると良いでしょう。

 

赤ちゃんが暑いか寒いか判断に悩むときは、背中に手を入れてチェックするのがおすすめです。汗をかいていれば厚着になっている可能性があります。

 

寒さ対策としてアウターを着せるときは、ベストタイプのアウターなど動きやすい物を選ぶことが大切です。ベストタイプのアウターを重ね着していれば、こまめに調節がしやすくなります。体質や体調に合わせて、快適に過ごせる服装を選びましょう。

 

お子さんがアウターや帽子などのアイテムを嫌がる場合は、首元や手首を冷やさないようにしっかり保温できる服を選ぶのも一つの手です。また、公園や遊具で遊ぶときは、ケガや事故を防ぐためにマフラーや手袋などのアイテムは外した方が良いでしょう。

 

子供服の冬服選び方・着せ方まとめ

赤ちゃんの冬服選びや着せ方に悩んでいる方は、「肌着と服の種類と必要な枚数」「月齢や年齢ごとのシーンに合わせた着せ方」を参考にしてみましょう。

 

生後8カ月頃までは、短肌着・長肌着・ロンパース・ツーウェイオールなどが大活躍します。生後8カ月以降は、頭からかぶるタイプの肌着・上着・ズボンの組み合わせが多くなります。女の子であれば、スカートとスパッツやタイツのコーディネートも定番です。

 

「株式会社チルドレン通信」では、肌に優しい安心・安全な子供服やベビー服を販売しています。

 

ロゴプリントがかわいい「裏起毛切り替えツーウェイオール」や、毛布のように温かい「裏シャギーレギンス」など、赤ちゃんの冬服にぴったりの商品が豊富です。カラーバリエーションやサイズが豊富で、お子さんにぴったりのサイズが見つかります。

 

赤ちゃんの冬服を購入しようと考えている方は、ぜひ「株式会社チルドレン通信」をチェックしてみみてはいかがでしょうか。

18 December

11 コンビ肌着の着せ方、選び方は?短・長肌着、ロンパースとの違いも解説

11

赤ちゃんに着せる肌着を準備するときに、思っているよりも種類が多いので何を買えばよいのか迷う人も多いのではないでしょうか。

特に、はじめての出産を控えている場合は、新生児から着られる「コンビ肌着」とは何かが気になることでしょう。

コンビ肌着は上下がつながっていて、お腹や足が出ないので赤ちゃんの体が冷えにくい形になっています。

また、新陳代謝が活発な赤ちゃんの汗を吸い取ってくれる機能的な肌着です。

赤ちゃんの足の開きに合わせて股下が左右に分かれるので、足が動かしやすいというメリットもあります。

この記事では、コンビ肌着とは何か、肌着の種類、コンビ肌着の着せ方などについて説明します。コンビ肌着の選び方やおすすめの商品も紹介しますので、迷ったときにはぜひ参考にしてください。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、カバーオール・ロンパースについて豊富なバリエーションで販売しています。カバーオール・ロンパースについてお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒チルドレン通信のカバーオール・ロンパースを今すぐ見に行く

コンビ肌着とは?

コンビ肌着とは?

コンビ肌着は打ち合わせ型の赤ちゃん用の肌着で、丈が長めで股下にスナップボタンが付いているのが特徴です。

赤ちゃんの足はM形に開くので、その形に合うようにスナップボタンが付いています。スナップボタンをすべて留めると、赤ちゃんの足を左右に分けて裾から出すことができます。

赤ちゃんがよく動く時期になっても裾がはだけないため、冷えなどの対策にも効果的なほか、おむつを替えるときには、スナップボタンを外せば簡単に交換できて便利です。

コンビ肌着の素材は、デリケートな赤ちゃんの肌への刺激が少ないコットン100%が多くなっています。

コンビ肌着の役割・メリットは?

コンビ肌着は、汗をかきやすい赤ちゃんのために吸湿性の高い素材を使って作られています。動いても裾がはだけないように工夫されているため、冷え防止や保温の働きも果たしてくれるというのもコンビ肌着の大切な役割です。

赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、コンビ肌着に守ってもらうと安心です。
家にいるときに着るのはもちろん、外出の際にはお出かけ着の下に着ることもできます。温度の変化に合わせてほかの肌着などと組み合わせることもできるコンビ肌着は、赤ちゃんにとって多くのメリットがあると言えるでしょう。

 

赤ちゃんの肌着の種類とそれぞれの違い

赤ちゃんの衣類のなかでも「肌着」の種類は多いので、いざ準備しようと思っても違いがよく分からないこともあります。

 

ここでは、肌着ごとの特徴や着せるタイミングの違いについて説明します。

 

短肌着

短肌着

⇒この商品の詳細・購入はこちら

短肌着は赤ちゃんの肌に直接触れる一番下の肌着で、丈は腰くらいまでと短いのが特徴です。短肌着は内側と外側に2本ずつの紐が付いているのが一般的で、赤ちゃんが寝たままでも着替えられます。

 

コンビ肌着とは異なり丈が股までないため、スナップボタンは付いていません。短肌着は新生児期から3カ月程度までが目安となり、1年を通して着せられます。

 

長肌着

長肌着は足先まで丈があり、短肌着の上から重ねて着せることができます。

新生児のようにまだあまり動かないときから着せるものです。

 

コンビ肌着のように股にスナップボタンが付いていないので、おむつ替えの回数も多い時期には特に便利です。

長肌着は赤ちゃんの足までくるんでくれるのですが、スカート型なので3カ月を過ぎると動きが活発になりはだけてしまうこともあります。

 

着せられるのは3カ月くらいまでが目安となりますが、出産する季節によっては長肌着の代わりにコンビ肌着を用意する人もいます。

 

ロンパース型の肌着

 

ロンパース型の肌着は、トップスとボトムスがつながり赤ちゃんの体を包むようなボディスーツ型になっているので「ボディー肌着」といわれることもあります。

 

赤ちゃんのお尻を覆うように股下のスナップボタンを留める形です。

 

月齢が低いうちは前開きにして、首が据わる時期から頭からすっぽりかぶるタイプにすると着脱が楽でしょう。足までを覆うコンビ肌着とは違い、ロンパースは足が付け根から出るような短い丈が一般的になっています。

 

ロンパースは動いてもお腹が出ないので冷えにくく、日中着せるなら1歳くらいまで着させられます。

 

カバーオール型の肌着

 

カバーオールもロンパースのように上下がつながった形になっていますが、一般的には股下までスナップボタンが付いている長い丈のものをカバーオール型の肌着と言います。

 

おむつ交換が簡単にでき、動いても赤ちゃんのお腹が出ず冷えないため安心です。着物のような打ち合わせになっているので、体に合わせて着せられます。

 

コンビ肌着よりも洋服に見えるカバーオールは外出着にも重宝するでしょう。動きやすく部屋着にもなるカバーオールは1歳くらいまで着せられます。

カバーオールとロンパースについての記事はこちら

 

ツーウェイオール型の肌着

足までの丈があるツーウェイオール型の肌着には、股の部分にスナップボタンが付いています。ボタンを留めればカバーオールになり、外せばベビードレスにもなる優れものです。

 

新生児期にはベビードレス、2~3カ月くらいの活発な月齢にはボタンを留めてカバーオールとして着せることができます。

 

コンビ肌着のように肌に直接着るよりも、肌着の上から重ねて着るのがツーウェイオール型で、1歳くらいまで長く着せられます。

 

コンビ肌着はいつからいつまで着せる?

コンビ肌着はいつからいつまで着せる?

コンビ肌着は新生児期からでも着せられます。新生児期に長肌着を着せていた場合は、月齢1カ月くらいから赤ちゃんの動きが活発になるため、コンビ肌着に替えると良いでしょう。

 

長肌着は足を動かすと足がはだけてしまうため、スナップボタンを留められるコンビ肌着の出番です。

生後半年くらいになると寝返りやお座りをするようになる赤ちゃんが多くなります。そうなるとコンビ肌着の紐が結びにくくなるため、着脱しやすいロンパースなどのボディー肌着に替えるのが一般的です。

 

赤ちゃんの体のサイズに合ううちは着せることもできますが、股をスナップボタンで留めるため着せるたびにきつくないかを確認しましょう。

 

コンビ肌着の着せ方は?

ここではコンビ肌着の具体的な着せ方について紹介しす。

アウターとして着せる方法やインナーとして着せる方法、コンビ肌着だけで着せる方法などをチェックして活用しましょう。

⇒赤ちゃんのボディ肌着の着せ方・着こなしについての記事はこちら

短肌着のアウターにする

新生児期に多いコンビ肌着の着せ方には、短肌着の上に合わせる方法があります。赤ちゃんの肌に短下着を直接着せ、その上にコンビ肌着を重ねる着せ方です。

 

生後3か月くらいまでは家での時間が多いため、短肌着にコンビ肌着を合わせて過ごすのが基本です。季節によっては短肌着を長肌着にする、さらに上からベビードレスを着せるなどして調節することをおすすめします。

 

ツーウェイオール・カバーオールのインナーにする

ツーウェイオールやカバーオールと合わせる場合は、赤ちゃんには最初にコンビ肌着を着せます。

コンビ肌着は股の部分が分かれているので重ね着しやすく、下着として合わせるのに便利です。寒い季節なら短肌着の上にコンビ肌着を重ねて着せると良いでしょう。

 

ツーウェイオールをドレスタイプにするなら、コンビ肌着もスナップボタンを留めないで着せる方法がおすすめです。

 

また、ボタンを留めるときはコンビ肌着も股の部分を留めて着せると動きやすくなります。カバーオールの場合は、コンビ肌着のスナップボタンは留めておきましょう。

 

コンビ肌着のみで着せる

夏など気温が高い時期なら、コンビ肌着とおむつだけで過ごすこともできます。

コンビ肌着は通気性が高い素材で作られているうえに、短肌着にようにお腹も出ないので冷えの対策にもなります。

体温調節が未熟な赤ちゃんにぴったりで、何枚も重ねて着るよりも快適に過ごせるでしょう。コンビ肌着のみで着る場合は、足元まで覆うタイプを選ぶことをおすすめします。

コンビ肌着の選び方

コンビ肌着を選ぶなら、赤ちゃんが生まれる季節で生地の素材を変えるといいでしょう。

 

暖かい時期や暑い時期なら、通気性がよく汗を良く吸ってくれる素材がおすすめです。コットン100%のガーゼ生地や天竺(メリヤス)などは、吸汗吸湿性に優れているため春夏生まれの赤ちゃんに向いています。

 

一方、寒い時期にはスムースやパイル地などが保温性の高くておすすめです。

 

1年を通しておすすめなのは、ダブルガーゼや3重ガーゼ、フライス生地などです。コンビ肌着を購入するときは素材を意識し、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしましょう。

 

コンビ肌着選びでポイントになるのは、2wayタイプを選んだほうが結果的にはお得になるということでしょう。

コンビ肌着には、スナップボタンを留めると足が左右に分かれるだけのものと、もう一つの留め方としてボタンをまっすぐにも留められるタイプがあります。

 

この2wayタイプを選んでおくと長肌着にもなり長期間着せられるので便利です。

【子供服のまとめ】

待望の赤ちゃんを迎える準備としてコンビ肌着を購入する前に、メリットがたくさんあることを再確認しておきましょう。

まず、通気性・吸湿性の高いコンビ肌着は、下着として赤ちゃんの汗取りをしてくれる役割を果たしてくれます。

また、股のスナップボタンを留めればお腹や足を覆うので、体温調節が苦手な赤ちゃんが冷えないような保温機能も優れています。

ほかの下着や衣類と組み合わせると、多様な着方ができるのもコンビ肌着のメリットです。通年着られる素材や2wayタイプを選べば、出番が増える着方ができるのでお得になります。

何を買えばよいのか迷ってしまう人も多いので、おすすめのコンビ肌着を紹介します。

コンビ肌着

一年中着られるフライス生地製のコンビ肌着には、「SANDRADEE 2枚組カラバリフライスコンビ肌着」がおすすめです。縫い目が外になっているので赤ちゃんの肌に優しいのが特徴です。

「SANDRADEE新生児肌着4枚セット」には、女の子用男の子用とそれぞれデザインがあります。オーガニック素材を使用した外縫い仕様で、コンビ肌着と短肌着が2枚ずつ異なるデザインでセットになっているので大変便利です。

02 December

赤ちゃんの服はいつから上下セパレート?おすすめのベビー服コーデも解説! 赤ちゃんの服はいつから上下セパレート?おすすめのベビー服コーデも解説!

赤ちゃんの服はいつから上下セパレート?おすすめのベビー服コーデも解説!

お腹が出ない上下つながったベビー服は、まだ月齢が低い時期に着せるのにぴったりです。一方でより種類が多く、ママにとっても選ぶ楽しみがある上下セパレートタイプのベビー服を早く着せたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

上下セパレートを着せるときは、どのようなことに気をつければよいのか不安なママもいるでしょう。この記事では上下セパレートのベビー服を着せるのはいつからがいいのか詳しく解説し、首が据わる3~4カ月以降の赤ちゃんにおすすめのベビー服についても紹介します。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、カバーオール・ロンパースについて豊富なバリエーションで販売しています。カバーオール・ロンパースについてお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒チルドレン通信のカバーオール・ロンパースを今すぐ見に行く

上下セパレートのメリット

上下セパレートのメリット

なんといっても上下セパレートのメリットは、選べる洋服の種類がぐんと増えることです。育児をするうえで赤ちゃんの洋服選びが楽しみの一つという人にとって、バリエーションが多い上下セパレートのベビー服選びはきっと楽しいことでしょう。
好きなように組み合わせを変えられるのも、セパレートタイプのうれしいところです。それだけコーデの幅が増え、限られた服のなかでいろいろな着せ方ができます。
実用的な面では洗濯物が少なくなるのもメリットです。赤ちゃんが服を汚してしまうことは日常生活でいくらでもあますが、つなぎのベビー服は汚してしまえばすべて着替えさせなければなりません。しかし、セパレートならよだれ汚れはトップスだけ、おしっこやうんちを漏らしたときはボトムスだけなど、どちらか一方だけで済みます。

上下セパレートはいつから?

上下セパレートはいつから?

つなぎのベビー服から上下セパレートタイプへの移行は、これが絶対というものはなく、赤ちゃんの発達や個性、パパ・ママの好みに合わせて大丈夫です。
ただ、このあと説明するいくつかのタイミングで移行する人が多く、なかには保育園に通うために上下セパレートにすることもあります。この章ではそれぞれのタイミングがなぜ上下セパレートへの移行に適しているのか詳しく説明します。

寝返りを打ち始めたら

首が据わりさえすれば、上下セパレートの服を着せようと思えば着せることができます。それでも首が据わった直後はまだまだ安定していないこともあり、新米ママにとっては怖いかもしれません。
寝返りを打ち始めるくらいになると、もう少し首が安定してきているため着せやすくなるでしょう。寝返りが激しく、じっとしてくれない赤ちゃんは、仰向けにして上下つながった服を着せようとしてもすぐに寝返ってしまいます。そういったケースなら、寝返りを打ち始めた時期に上下セパレートへ移行するのもおすすめです。

寝返り期のセパレート服の着せ方

寝返り期の赤ちゃんは、セパレート服も寝かせたままで着せます。トップスは首をやさしく持ち上げながら頭を通します。このときトップスをドーナツ状にくしゅくしゅとたぐり寄せておくと着させやすいです。
頭が通れば次は袖をたぐり寄せて袖口のほうからママが手を入れ、赤ちゃんの手をむかえて引き出してあげます。最後にたぐり上げたままになっているトップスの裾を下ろします。
ボトムスはもっと簡単で、寝かせたまま両足を通し、片手で赤ちゃんのお尻を少し浮かせましょう。あとはもう片方の手を使い、ボトムスのウエスト部分をつかんで上まで引き上げればいいだけです。

お座りできるようになったら

腰が据われば自分でお座りしてくれているので、ママにとってはだいぶ気をつかうことも減って着せやすくなります。特にトップスは寝かせたままより、起こしていたほうが着脱しやすいでしょう。
お座り時期の赤ちゃんは、体の発達に伴って動きもダイナミックになり、じっとしてくれません。着替えさせようとしても、のけぞったり手足をバタバタさせたりするので、ママが着替えさせるのに苦労するシーンもさらに増えてきます。
上下がつながったタイプの服はスナップボタンを落ち着いて留めるのが大変になることもあるため、このタイミングで上下セパレートに移行するするママも多くいます。

お座り期のセパレート服の着せ方

上半身を起こしてお座りしていられるようになれば、トップスは座った体制のまま頭からかぶせて着せることができるようになります。それだけでも寝返り期より、ママにとって負担がかなり少なくなるはずです。
まだつかまり立ちの前であれば、赤ちゃんを立たせてボトムスを履かせるのは難しいかもしれません。その場合は、寝返り期と同じように、ねんねの状態で履かせてあげます。ボトムスはねんねの状態でも着脱がそれほど難しくないため、かなり着替えさせるのは楽になるでしょう。

つかまり立ちできるようになったら

つかまり立ちができるようになれば、さらに上下セパレートの服を着せるのが楽になります。むしろつながったタイプのベビー服はスナップボタンを留めたり外したりする手間がかかる分、活発になった赤ちゃんの動きを追いかけながら着替えさせるのは大変です。
セパレートタイプなら上下とも、ボタンがほとんどついていないアイテムがたくさんあります。特にボトムスはたっちの状態で着せられるため、お座り期にくらべてもさらにセパレートタイプの着替えが楽になるでしょう。

つかまり立ち期のセパレート服の着せ方

つかまり立ち期も、トップスはお座り期と同じように座った状態で着せられます。動きが活発になってじっとしていてくれないことはあるかもしれませんが、トップスの着脱自体は頭からかぶせるだけですから、慣れたら楽に着せられるようになるでしょう。
つかまり立ちできるようになれば、着替えさせるときにママの肩などにつかまり立ちしてもらうこともできます。ボトムスを履かせるときにたっちしてくれていると、足させ通せばあとはボトムスを引っ張って上げるだけです。
保育園ではセパレートの服を求められることが多い
保育園に通わせる場合、上下つながったタイプの服を着せたくてもNGのケースが結構あります。なぜなら保育園では限られた数の保育士さんで、日々多くの子どもの世話をしているからです。スナップボタンがついているつなぎタイプの服は、着脱しにくいので手間がかかります。
もし何人もつなぎタイプの服の子が重なれば着替えさせるのに時間を取られ、ほかの業務に影響を与えかねません。ほかの子に注意がいかなくなっても大変ですから、着替えさせやすい上下セパレートの服を求められることが多くなっています。

おすすめのベビー服コーデを紹介

おすすめのベビー服コーデを紹介

上下セパレートタイプのベビー服は、おしゃれの幅がひろがります。実際にかわいく着せるためには、どのような組み合わせにすればいいのでしょうか。
ここでは首が据わった3~4カ月以降の赤ちゃんにぴったりで、なおかつかわいいベビー服のコーディネートを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

トップス×スカッツ

「スカッツ」はスカートとスパッツが一体になったアイテムです。スカート×スパッツの場合は別々に履かせる手間がかかります。スカッツならばズボン感覚でサッと履かせることができて、別々になっているよりもかなり楽に着替えさせられます。
シンプルなものからフリフリのチュールスカッツまで、かわいいデザインもたくさん展開されていておすすめです。なにより1枚でボトムが決まるところもママにはうれしいポイントでしょう。

トップス×パンツ

トップスとパンツの組み合わせは、セパレートの服を着せ始めた新米ママにも取り入れやすいオーソドックスな組み合わせです。
トップスとパンツの組み合わせは、月齢が低い寝返り時期はもちろん、ハイハイやお座り、たっちができるようになる時期まで、あんよの動かし方が違っても動きを邪魔しません。肌触りがよく、伸縮性もある生地を選ぶのがポイントです。
赤ちゃんにとって動きやすいのはもちろん、ママにとっても長い期間着せられるおすすめのコーデです。

子供服のサイズと選び方についての記事はこちら

赤ちゃんのおしゃれを楽しもう

上下セパレートの服はかわいいデザインのものが多く、選べる服の種類が一気に広がります。もし汚しても上下どちらかだけ着替えさせることもでき、実用的な面でもメリットがあります。
寝返りを打ち始めた、お座りやつかまり立ちできるようになったなど、赤ちゃんの成長具合やパパ・ママの事情にあわせ、適切な時期にセパレートタイプに移行しましょう。
「ちるどれん通信」はベビー服や子ども服を扱うオンラインショッピングサイトです。自社内で企画から製造、販売まで一貫して行っているので、高品質な商品をお手頃価格で購入することができます。
セパレート服を着せはじめる時期にぴったりなアイテムもそろっているので、ぜひチェックしながら赤ちゃんのおしゃれを楽しんでください。
ちるどれん通信はこちらから

02 December

肌着を徹底解説、短肌着やボディースーツはいつまで (1) 赤ちゃんの肌着を徹底解説!短肌着やボディスーツはいつまで?

肌着を徹底解説、短肌着やボディースーツはいつまで (1)

赤ちゃんの肌着赤ちゃんに着せる肌着といっても、「短肌着」や「長肌着」、「コンビ肌着」や「ボディスーツ」など、実にさまざまな種類があります。

妊娠・出産を通してはじめて、そんなアイテムがあることを知ったという人も多いのではないでしょうか。

どの肌着をいつごろ着せればいいのか、判断に迷うママもいることでしょう。

特に、ボディスーツのような上下つながったタイプの肌着は、いつまで着せるべきなのか悩むかもしれません。

この記事では赤ちゃんの下着について詳しく解説しますので、悩んだときはぜひ参考にしてください。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、カバーオール・ロンパースについて豊富なバリエーションで販売しています。

カバーオール・ロンパースについてお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒赤ちゃんの肌着を今すぐ見に行く

0歳は季節や体の発達によって選ぼう

0歳は季節や体の発達によって選ぼう

一口に0歳児といっても、生まれたばかりの新生児と1歳手前の歩きはじめる前後の子まで、かなり差があります。0歳代の1年間の成長は早く、首が据わっていないねんねの時期を経て、おすわりやハイハイができるようになります。

早い子は1歳になるまでに歩きはじめることもあるため、発達に合わせて適切な肌着を選ぶことが大切です。

また、春や夏に生まれる子と秋や冬に生まれる子では、必要な肌着の枚数が異なることもあります。0歳児の肌着は季節や発達段階に合わせて選ぶようにしましょう。

短肌着・長肌着はいつまで?

短肌着・長肌着はいつまで?

0歳児でも新生児~首の据わっていないねんねの時期には、短肌着や長肌着、コンビ肌着を着せるのが一般的です。どれも「打ち合わせタイプ」といわれる肌着で、着物のように前を合わせて紐でむすびます。首の据わっていない状態の赤ちゃんを仰向けに寝かせて脱ぎ着させやすいつくりです。

短肌着・長肌着は、使用期間が明確に決まっているものではないので、新生児期だけ使ってすぐに前置きのボディスーツに切り替えるママもいれば、首が据わるまで着させるというママもいます。

短肌着は赤ちゃんのお腹から腰あたりまでの丈、長肌着は同じつくりで足まで覆ってしまえる長さがあります。長肌着は真夏に1枚で着せてもよいですが、主に寒い時期に短肌着の上に重ねて着せます。

コンビ肌着は長肌着のようにある程度の長さがあり、股下にスナップボタンがついています。ボタンを留めると左右の足をわけてズボンのようにすることができます。生後2~3カ月を過ぎて足をバタバタさせるようになる時期に着せると、はだけにくいので便利です。長肌着の代わりとして短肌着の上に着せる使い方もできます。

コンビ肌着についての記事はこちら

首が据わったらかぶるタイプのボディスーツもOK

首が据わったら、かぶるタイプのボディスーツも着せやすくなります。ボディスーツは前開きのものであれば、新生児期でも着させることは可能ですが、かぶるタイプのものは首が据わってからの方が着せやすいでしょう。

ボディスーツは上下がつながっているので、お腹やお尻をしっかりカバーすることができます。寝冷えを防ぐうえ、夢中で遊んでいるときにお腹が丸見えになってしまうこともありません。カラーも豊富でかわいいデザインのものも多く、ママにとっても選ぶのが楽しくなるアイテムです。赤ちゃんの首が据わって以降、動きがアクティブになればなるほど、ボディスーツに切り替えるママが増えてきます。

前開きのボディスーツは、着せたり脱がせたりがしやすいので、首据わり前の赤ちゃんにも着せられるというメリットがあります。一方かぶるタイプのボディスーツは、赤ちゃんがうつ伏せになっても胸にボタンがないぶん快適です。赤ちゃんの状況と実際に育児をするパパ・ママの好みに合わせて選んでください。

ボディスーツとロンパースの違いは?

ボディスーツとロンパース、とてもよく似たアイテムなので、どう違うのかわからないというママもいることでしょう。

ボディスーツとロンパースは前開きタイプもありますが、頭からかぶるタイプが多く、基本的には上下つながったものを指します。どちらも股の部分をスナップボタンで留められるつくりになっています。

ボディスーツとロンパースはどこがどう違うのか、実はメーカーや小売店によって定義が異なっていてあいまいです。名称も「ボディーシャツ」や「ボディ肌着」、「ボディロンパース」のほか、単に「ボディ」と呼ばれることもあり、はじめて育児する人にとっては迷うかもしれません。

裾の長さにはブルマ型や短パン型などバリエーションがあります。はっきり区別されているわけではありませんが、ボディスーツは太もも部分にほとんど生地がないものが一般的です。ロンパースには裾やフリルがついていることがあり、肌着として着させるのはもちろん、アウターとして使えるデザインもあります。

カバーオールとロンパースについての記事はこちら

ボディスーツはいつまで?セパレートにするタイミングは?

短肌着・長肌着はこれまで説明してきた通り、特にいつまで着させなくてはいけない、とは決まっていません。しかし、首据わりや寝返りをしたタイミングでボディスーツに代えるママが多くいます。

では、そのボディスーツはいつまで着せたらよいのでしょうか。そして、下着を上下分かれたセパレートタイプにするタイミングはいつがよいのでしょうか。

ボディスーツにもセパレートの下着にもそれぞれメリットがあります。基本的にはパパ・ママの事情や子どもの好みに合わせてOKですが、上下セパレートタイプの肌着を着せはじめる一般的なタイミングについて詳しく説明します。

ボディスーツのメリット

ボディスーツのメリットは、活発に遊んでいても洋服の裾からお腹が出てしまうことがないうえ、寝相の悪い子でも寝冷えしにくいことです。できればもう少し着させ続けたいと思っていても、見た目が赤ちゃんっぽいのではないかと悩んでいるママもいるのではないでしょうか。

ボディスーツからセパレートタイプの肌着に変えるタイミングは複数あります。ここからはボディスーツを卒業するきっかけについて紹介します。

保育園入園の段階でセパレートに

おむつの取れていない小さい子が多い保育園では、保育士さんが1日にするおむつ替えの回数も多くなります。ボディスーツは一つひとつボタンを外したり留めたりするため着脱しにくく、限られた人数で多くの園児をお世話する保育士さんにはかなりの負担です。

それに比べると上下セパレートタイプの肌着なら、ズボンをサッと下ろしておむつ替えができます。保育士さんはおむつ替えだけが仕事ではなく、他にも日々多くの業務をこなしながら子どもたちの保育をしてくれています。保育園がどのような対応をしてくれるかによりますが、上下つながった肌着は断られることが多いのが実情です。

トイトレが始まったら

2歳代の後半から3歳くらいになったころ、トイレトレーニングをする子は多いです。その時期にボディスーツから、セパレートタイプの肌着に変えるというママさんもいます。

ボディスーツではトイレに行ってから股のスナップを外す手間がありますが、セパレートタイプならズボンとともにおむつやパンツを引き下ろすだけなので、トイトレしやすいでしょう。

また、トイトレに失敗してしまった場合、つなぎタイプの肌着はすべて着替えさせなければなりません。しかしセパレートタイプならばボトムだけで済むため、着替えや洗濯の手間を削減することもできます。

サイズがなくなったら

ここまで説明してきたとおり、寝冷えの予防に役立ち、活発に遊んでいてもお腹が丸見えにならないなど、メリットが多いつなぎタイプの肌着を着せ続けたいと思っているママもいることでしょう。

ただしサイズの問題があります。つなぎタイプの肌着は多くのブランドやメーカーで大きくても95サイズくらいまでしか作られていません。ベビー服のサイズ表記95といえば身長約95cm、参考年齢は3歳前後、大体先述したトイトレが始まるくらいです。サイズが95を超えてしまった段階で、ボディスーツ卒業というパターンもあるのです。

赤ちゃんの成長を楽しもう

赤ちゃんの肌着は成長段階に合わせてさまざまなタイプが販売されていますが、いつまでに何を着させなければならないといった決まりはありません。赤ちゃんにとっての快適さやパパ・ママの世話しやすさを考えて適切なものを選ぶようにしましょう。

ベビー服や子ども服の通販を手がけている「ちるどれん通信」では、デリケートな赤ちゃんの肌にも優しい安心・安全な肌着を展開しています。赤ちゃんの肌着選びに迷ったら、ちるどれん通信で探してみてください。

ちるどれん通信はこちらから

02 December

赤ちゃんにワンピースを着せたい!選び方や下に何を着せるかなどを解説 赤ちゃんにワンピースを着せたい!選び方や下に何を着せるかなどを解説

赤ちゃんにワンピースを着せたい!選び方や下に何を着せるかなどを解説

赤ちゃん用ワンピースベビー服のなかでも、女の子ならではのアイテムの一つがワンピースです。女の子のママになったら、赤ちゃんにかわいいワンピースを着せたいと思っている人もいるでしょう。

ただ同じワンピースでもさまざまな素材やデザインがあるなか、どれを選べばよいのか迷うことが多いかもしれません。

また、新生児から着せても大丈夫なのか、ワンピースの下に何を着せればよいのかなど、悩んでいるママもいるのではないでしょうか。

この記事では赤ちゃんのワンピースを選ぶ際のポイントとともに、着せ方についても詳しく紹介します。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、子供服・ベビー服について豊富なバリエーションで販売しています。子供服・ベビー服をお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒子供服の通販 chil2を今すぐ見に行く

絶対着せたい!赤ちゃんのワンピース

赤ちゃん用ワンピース

1枚だけでもコーディネートが決まるワンピースは、赤ちゃんにおしゃれさせてあげたいママにとってマストアイテムの一つです。

デザインによっては重ね着を楽しむこともできます。同じワンピースでもプラスするアイテムを変えることでコーディネートの幅が広がり、着せる方のママにとっても楽しみになるのではないでしょうか。

何よりも赤ちゃんのワンピースは、模様やデザインのバリエーションが多く、見ているだけでもウキウキするようなかわいいものが展開されています。赤ちゃんにとっても心地よく、見た目にもかわいいワンピースをぜひ着せてあげましょう。

赤ちゃんのワンピースの選び方

赤ちゃんのワンピースの選び方にはいくつか注意点があります。一つが、着心地に関わる素材です。

もう一つは、同じワンピースをさまざまな機会に着て楽しめるよう、着回しができるものを選ぶこともポイントになります。

赤ちゃんに合ったワンピースを選べるよう、素材と着回しやすさについて詳しく解説します。

素材にこだわって選ぶ

大人に比べてまだまだ肌がデリケート赤ちゃんに着せる洋服を選ぶときに、素材は大切なポイントになります。

ワンピースを着せるときは内側に下着を着せることが多いこともあり、直接ワンピースの生地が触れる部分は少ないかもしれません。それでも肌に触れる部分はあるので、できるだけ肌触りがよく、赤ちゃんの肌にストレスとならない素材を選ぶようにしましょう。特に肌がデリケートな赤ちゃんの場合は、コットンなどの天然素材なら安心して着せることができます。

生地の伸縮性もチェックするポイントです。伸縮性のない生地では赤ちゃんは快適に動けません。また、普段使いのワンピースなら、自宅で頻繁に洗濯できる素材を選ぶことも大切です。

着回ししやすいデザインを選ぶ

赤ちゃんはどんどん成長するので、新しい服を買ってもすぐにサイズアウトしてしまいます。そこでおすすめしたいのは、着回ししやすいデザインのワンピースです。新しいものをたくさん買わなくても、1着でさまざまなコーディネートを楽しめます。

たとえばノースリーブのワンピースは、特に着回しがしやすいアイテムの一つです。夏場にそのまま1枚で着せるのはもちろん、それ以外の季節でもインナーをワンピースの下に着せたり、上からカーディガンを羽織ったりなど、工夫しながらロングシーズン着せられます。

インナーや羽織ものには半袖から長袖までさまざまなものが使えるため、着回しのバリエーションも広がります。また、少し大きめを選べば、季節に合わせてインナーを変えながら長く着られる可能性があります。

赤ちゃんのワンピースはいつから?

赤ちゃんにワンピースを着せること自体はいつからでも問題ないのですが、歩きはじめるようになってからが一番おすすめです。前開きや後ろ開きのデザインのワンピースもあるものの、上からかぶって着るタイプのほうが多いため、赤ちゃんが自分でしっかり立てる時期になったほうがストレスなく着せてあげられます。

首すわり前やねんねの時期の赤ちゃんに、上からかぶせるタイプのワンピースは着せにくいものです。記念日やイベント、写真撮影など特別な日に着せるのはよいですが、日常着せるのは大変だと感じるママもいるかもしれません。まだ一人で立っていられない時期に着せたいなら、シャツワンピースのような前開きできるタイプを探してみるのがおすすめです。

また、ハイハイ時期は膝でワンピースの裾を踏んでしまう可能性もあるため注意する必要があります。ママにとってワンピースが着せやすく、赤ちゃんにとっても快適に着られるのは1歳前後でしょう。

ワンピースの着せ方を紹介!下に何を着せる?

ワンピースを着た赤ちゃん

おむつの上にただワンピースを着せるだけでは、赤ちゃんのお腹を冷やしてしまうのではないかと気になるママもいるのではないでしょうか。また抱っこをしたときにスカートの中が見えてしまうのも心配です。動きが活発になった赤ちゃんなら、頻繁にスカートがめくれ上がってしまうでしょう。

ワンピースの下に何を着せればよいのか悩んでいる人に向けて、この章ではワンピースの下に着せるのに適したアイテムや冷え対策について紹介します。

おすすめはつなぎの下着

赤ちゃんのお腹が冷えないようにするためにもっともおすすめなのが、ボディスーツやボディ肌着と呼ばれる下着です。上下がつながって一体になっていますが、股の部分がスナップボタンで開閉できるようになっています。そのため、おむつ替えがしやすく、おむつ自体を隠すことができます。

ワンピースの下に着せるつなぎの下着は、デザインを邪魔しないようなタイプを選ぶことがコツです。特に、夏は半袖やノースリーブのワンピースを着せる機会も多いので、そこからはみ出さない袖なしタイプやキャミソールタイプを選ぶようにしましょう。

ベビー・子ども服のサイズ

ベビー服や子ども服を購入するときに悩みがちなのが、サイズです。

ベビー服や子ども服は、サイズごとにおおよその月齢や年齢の目安が設けられていますが、メーカーごとに多少の違いがあります。

サイズ 参考月齢 身長(cm) 体重(㎏)
50 新生児~3カ月ごろ 45~55 3
60 3カ月~6カ月 55~65 6
70 6カ月~1歳 65~75 9
80 1歳~1歳半 75~85 11
90 1歳半~2歳半 85~95 13
100 3歳~4歳 95~105 16

また、同じサイズ表記でもメーカーやブランド、デザインの違いなどで、タイトなものからゆったりしたものまでいろいろあります。ちなみに欧米のメーカーやブランドの場合、体の動かしやすさを考え、体にフィットさせるようなデザインが多い傾向にあります。

もちろんサイズ表記はあくまでも目安であるため、参考にしつつ、赤ちゃんの成長具合を見ながら合うものを選びましょう。

つなぎの下着を卒業したら

つなぎの下着のサイズは、ほとんどのメーカーやブランドで、90サイズ前後までしか作られていません。つなぎの下着を卒業するくらいまで赤ちゃんが成長したら、セパレートタイプの下シャツにブルマやオーバーパンツを組み合わせて履かせるのがおすすめです。1分丈のスパッツを履かせてもよいでしょう。

ワンピースの色や素材と合うような柄物のブルマやオーバーパンツを選ぶと、少し見えてしまってもかわいくておしゃれです。

冷えが気になったら防寒アイテムを取り入れて

ズボンに比べてワンピースはお腹まわりがしっかり覆われていないこともあり、どうしても冷えやすくなります。足元の冷えが気になるなら、レギンスやタイツを履かせたりレッグウォーマーをプラスしてあげたりするとよいでしょう。膝も隠してしまうことができるため、転んだときのケガ防止にもなります。

レギンスの生地は薄手から厚手までバリエーションがあるため、寒くなりはじめる時期から春先まで季節に合わせて適したものを選びましょう。黒やグレーをそろえておけば着回しができます。

上半身の冷えに対しては、カーディガンなど上に羽織れるアイテムを用意しておくのがおすすめです。ワンピースとカーディガンがセットになっているものなら、暑い時期はワンピースだけ、寒い時期はカーディガンと一緒にというように、ロングシーズン着回せます。寒い時期に外出する際は、帽子や耳あて、マフラーなどの防寒対策も効果的です。

着せすぎにも注意!

赤ちゃんがはじめて迎える冬は、冷えに対する心配からつい厚着をさせてしまいがちです。しかし、厚着をさせ過ぎると、かえって大量に汗をかいてしまいます。汗が乾燥しないまま冷えると赤ちゃんの体も冷やしてしまい、風邪を引くなど体調を崩しかねません。

もともと赤ちゃんは大人よりも体温が高く暑がりです。厚着をさせることで体温が発散されず、熱がこもりがちになります。その結果として多く汗をかいて脱水症状を起こしたり、冬なのにあせもができたりします。

もし体が汗ばんでいて、手のひらも熱くなっているようなら、着せすぎです。お腹の冷え対策や外出時の防寒対策は適切にする必要がありますが、赤ちゃんにとっての適温を意識し、冬の冷え対策をするときは過剰な重ね着をさせないように注意しましょう。

赤ちゃんにワンピースを着せてみよう

ベビー服や子ども服のなかでも、女の子ならではのかわいさを演出できるアイテムがワンピースです。着回ししやすいデザインを選べば、さまざまなコーディネートでロングシーズン楽しむこともできます。

ベビー服と子ども服の通販『ちるどれん通信』では、有名ブランドを取り扱っているのはもちろん、自社のデザイナーによるママ目線の洋服も展開しています。赤ちゃんに着せるワンピースを探しているならば、ちるどれん通信でチェックしてみてはいかがでしょうか。

子供服のサイズと選び方の記事はこちら