06 January
06 January

赤ちゃんのボディ肌着の着せ方・着こなし方を解説!

ワンピースを着せたい

待望の出産を控えていたり子育てをしていたりするときに、あかちゃんの服を選んで買い揃えるのは幸せな時間です。赤ちゃんの健康で可愛い姿が見たくて準備を楽しむ人が多いでしょう。しかし、初めて育児を経験する場合は、赤ちゃんにはどのようなボディ肌着を準備しておけばよいのかわからないという人もいます。

デザインや素材、種類などさまざまな要素があり選ぶのに困ってしまうことがあるでしょう。自分にとって使いやすく、赤ちゃんにとっても着心地のよいものを準備しておきたいものです。ボディ肌着の選び方のコツを覚えておけば、スムーズに買い物をすることができます。

そこで今回の記事では、赤ちゃんのボディ肌着の特徴や種類を始め、着せ方や着こなし方を解説します。

【チルドレン通信からのお知らせ】

チルドレン通信では、カバーオール・ロンパースについて豊富なバリエーションで販売しています。カバーオール・ロンパースについてお求めの際はぜひチルドレン通信の通販へご訪問ください。

⇒チルドレン通信のカバーオール・ロンパースを今すぐ見に行く

赤ちゃんのボディ肌着とは?

赤ちゃんのボディ肌着とは?

ボディ肌着はお店の売り場によっては「ボディ」と省略して呼ばれることもあります。メーカーによっては、「ボディシャツ」や「ボディスーツ」、または「グレコ」という場合もあるでしょう。ボディ肌着とその他の肌着の違いは、上下が繋がっているところです。

また、ボディ肌着はお尻がすっぽりと覆われる形になり、お股の部分がスナップボタンで開閉できるようになっています。ボディスーツの仕様によって着る時期が異なります。主に新生児から2歳頃まで、サイズがあれば着用することができます。

赤ちゃんのボディ肌着の特徴と種類を解説

ボディ肌着には大きく3つの種類があります。「かぶり式ボディ」は、頭からすっぽりとかぶるタイプです。着脱しやすいように首や腰がすわってからの着用が適しており、2歳頃まで着ることができます。肌着でもデザインの可愛いものもあり、夏場の室内など暑い環境ではかぶり式ボディ1枚で過ごすことができるでしょう。

「前開きボディ」は、月齢の低い新生児から着用できます。スナップボタンや紐で前の開閉がしやすくなっているので、ねんねしたままで着脱できます。

「見せかけボディ」は一見するとセパレートのトップスに見えるボディ肌着で、ボトムスと合わせた際にトップスの裾部分を出すことができるので、おしゃれに見えるでしょう。お腹やお尻はすっぽり隠れているので安心です。外出時などちょっとおめかししたい場合に向いています。

赤ちゃんのボディ肌着とその他の肌着の違いとは?

あかちゃんの肌着には、大きく分けて「短肌着」、「長肌着」、「コンビ肌着」、そして今回ご紹介している「ボディ肌着」があります。生まれる季節やあかちゃんの成長段階によって適する肌着が変わってくるのでうまく使い分けるのが大切です。

短肌着は、腰までの丈であかちゃんの汗を吸収する素材で作られます。紐で開け閉めするタイプが一般的です。さらに上から丈の長い衣服を重ねて着用します。この丈が長くなったものを長肌着といい、スカート型になっています。

自分で足を動かすことが少ない新生児に向いています。また、コンビ肌着は、長肌着と同じように丈が長いものですが、股の部分をスナップボタンで開閉できるようになっているものです。足をバタバタと頻繁に動かすようになってきてからおすすめのタイプです。

ボディ肌着はこれらと違ってお尻がすっぽりと隠れる形状になっています。上下がくっついており、お尻の部分がフィットしているのが特徴といえるでしょう。

短肌着や長肌着についての記事はこちら

赤ちゃんのボディ肌着の役割と着る時期

ボディ肌着の役割は、その名の通り肌着として洋服の下に着用し、汗を吸い取ります。通気性のよい素材を使って、あかちゃんが汗をかいても冷えないように調節する役割を担います。そして、ボディ肌着の特徴としてお尻とお腹をすっぽりと包み込む形状があります。

これにより、お腹が露出して冷えるのを防いでくれるでしょう。また、ボディ肌着は見た目も可愛いことが多く、おしゃれアイテムとしても大活躍します。外出などで可愛く見せたいけれどまだ小さいという場合も、ボディ肌着で可愛く着飾ることが可能です。

前述の通り、ボディ肌着の中にもさまざまな種類があるため、新生児から首や腰がすわった後の2歳頃まで、サイズがあれば着用することができます。

ボディ肌着はどんなものを選べばいい?

ボディ肌着を選ぶには、いくつかコツがあるので確認しておきましょう。ボディ肌着は、汗を吸収してあかちゃんの体温調節を助ける働きをします。そのため、素材にこだわってコットン100%のものを選ぶことが大切です。

オーガニック素材のものがあれば、より安心でしょう。化学繊維で作られた肌着は安価なものもありますが、あかちゃんの肌には負担がかかる場合があります。素材には十分気を付けましょう。

ボディ肌着は新生児から2歳頃まで幅広い年齢で着ることができますが、お尻がすっぽり隠れる形状をしているため、サイズにあったものを選ぶことも重要です。成長には個人差があります。

体のサイズに合わせて、サイズアウトしたらその都度買い替えてあげましょう。健康診断で測る身長を目安にすることもできます。

また、赤ちゃんはミルクや母乳を吐いてしまったり、汗をかいたり、排泄物で肌着を汚してしまったりすることが多々あります。洗い替えを考慮して、少なくとも3枚から4枚は持っておくと便利です。ボディ肌着は形や色、モチーフが可愛いものが多いため、柄や色違いで数枚買っておき、その日の気分に合わせて選んでも楽しいでしょう。

赤ちゃんのボディ肌着の着せ方

赤ちゃんのボディ肌着の着せ方

ボディ肌着の着せ方は、赤ちゃんの成長度合いによって変わります。首がすわる前の、生まれて間もないあかちゃんは、寝たまま着替えさせます。まずは平らなところに前開きタイプのボディ肌着を開いて置きます。

その上に洋服を着せる場合は、洋服の上に重ねて肌着を置きましょう。肌着の上にあかちゃんをのせ、袖口にママの手を通しておきます。赤ちゃんの手を肩口から通し、ママの手で掴んで袖口から通してあげましょう。スナップボタンや紐でしっかり結びます。その上に洋服がある場合は、洋服のボタンを留めて完了です。

首がすわっており、かぶり式のボディ肌着を着用できる場合は、ママが抱っこしたままでも寝かせたままでも着せることができます。着せる前に股や肩のスナップボタンを全部外しておきましょう。

赤ちゃんの首をしっかりと支えて、Tシャツを着せるように頭からかぶせます。頭が通ったら、肌着の前後が合っているか確認し、降ろしていきます。袖口からママの手を入れて、内側からあかちゃんの手を通してあげます。身頃を整え、肩や股下のスナップボタンを留めたら着替え終了です。

ボディ肌着の着こなしは?

ボディ肌着は重ね着コーディネートで簡単に色々なパターンを楽しめる肌着です。例えば、ロンパースには肌着よりも見た目を重視して作られているものが多く、より可愛いデザインが豊富に揃っています。下にボディ肌着を着ていれば、お腹が出て冷えてしまう心配がありません。

また、下にかぼちゃパンツやブルマを追加しても、コーディネートを楽しめるでしょう。少し大きくなったら、チュニックやスパッツ、ワンピースなどを重ねても可愛く見えます。

寒い時期のボディ肌着の着せ方は?

ボディ肌着はそれ自体のデザインが可愛いものがたくさん出回っており、夏場は洋服を合わせずに肌着一枚でも過ごせます。外出時や冷える時期には上から温かい洋服を重ねてきるとよいでしょう。

例えば、長袖長ズボンが一体となっているカバーオールがあります。それでも寒そうな場合は、さらにベストやセーター、カーディガンなどの上着を着ると安心です。外で遊ばせる場合は、防寒用のジャケットや帽子、靴下、手袋などを揃えておく必要があります。

赤ちゃんのボディ肌着の着せ方・着こなし方解説まとめ

ちゃんのボディ肌着の着せ方・着こなし方解説まとめ

今回は、赤ちゃんのボディ肌着の特徴や種類、着せ方などをご紹介しました。ボディ肌着は寒さ対策やおしゃれで重ね着コーディネートが簡単にできる便利なアイテムです。チュニックなどの上着やブルマやレギンスなどと合わせることができ、色々な着こなしを楽しむことができるでしょう。

子供服・ベビー服通販の「ちるどれんつうしん」では、赤ちゃん用の可愛い服がたくさんあります。赤ちゃんのことを考えてオーガニック素材を使用している肌着も手に入ります。

セット販売もしているので、よく使う肌着をまとめて買ったり出産のお祝いとして贈ったりするのにも便利です。赤ちゃんのボディ肌着を購入する場合は、是非「ちるどれんつうしん」で探してみてください。

この記事の著者:チル子
チル子

チルドレン通信勤務の主婦ライター。 旦那と子供2人と4人暮らしで、お仕事と育児に毎日奮闘中。 趣味は子供服のコーデを考えることです。